見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

April 14, 2008

マサイ戦士がロンドンマラソンを走る



◇マサイ・チームがロンドンマラソンを走る 
ロンドンマラソンを走る決意のタンザニア北部出身の6人のマサイ族戦士がレースに身を捧げる公開競技を開始している。
戦士たちは、アフリカ東部の彼らの村エラウイに安全な飲料水を提供するため金を集めているのだ。
6人はクルマのタイヤで作ったサンダルはもちろん、民族衣装(シュカ)を着て13日の日曜に26マイルのルートを走るつもりだ。
また、ドックランズでのロンドンマラソン公開試合を開始した6人は、杖を持って歌いながら走る。
マサイ族は牛が価値のある財産の半遊牧民のライフスタイルを送る。
彼らは走る能力と、血とミルクを特色とする規定食をとっている伝統的な暮らしで知られる。
マサイ・チームを率いているイサヤは言った。「ライオンを殺すことと畜牛を集めることでそこらじゅう走ってきているので私たちにできると長老たちが断言した。」
「飲料水が得られることでマサイ族の人びとを助けられる、もっと楽に暮らせるようにしたいので私たち全員がいまとてもハードにトレーニングしている。」
2005年からマサイといっしょに働いてきている援助団体グリーンフォースがマラソンでの彼らの参加をとりまとめていた。
戦士たちといっしょに走るつもりでもあるグリーンフォースのポール・マーティンは言った。「走ることで金を集められるというアイディアに、マサイ族は魅了され、おもしろがった。」
「マサイ族は誇り高き人々だ、そして彼らはこれを金を集めて村に飲料水を供給する革新的な手段と見る。」
村のために水の場所を探し当てて持続できるボーリングした穴を掘るコストは2万ポンドから6万ポンドだと援助団体は見積もる。
アフリカには50万人から百万人のマサイがいる、そのほとんどがタンザニア北部とケニア南部に住む。
ロンドンマラソンには4000人が走ると予想される。
(BBC NEWS )

◇13日に開かれるロンドンマラソンに、干ばつが深刻なタンザニアのエルアイ村からマサイ族の20代の男性6人が水源確保の募金を求めて出場する。衛生的な水が不足する村の子どもは3人に2人が5歳までに命を落とすという。その惨状を42.195キロを給水せずに完走して訴える。
「村では数年間、雨がほとんど降っていない。小さなダムの水は底をつき、牛の首を切ってその血を飲んでしのいでいる。」
外国に来るのも初めてならマラソンを走るのも初めてという6人は11日に記者会見し、「歌って踊りながら4時間以内に走りきる」と目標を語った。
マサイ族はタンザニア北部からケニア南部に50万人以上が暮らし、大半が深刻な水不足に苦しんでいるという。
チャリティーの支援者は「12万ドル(約1200万円)あれば、きれいな水源から水を引ける」と訴える。同時に、口をつけただけのペットボトルをランナーが大量に捨てる都市マラソンの光景が6人にショックを与えないかと心配もしている。
(朝日新聞 2008年4月12日)

写真は、走る6人、盾にゼッケンを貼り付ける。そしてこれで走る!古タイヤから作った彼らのサンダル。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home