見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

September 18, 2008

AIGといえばマンチェのスポンサー


◇ヨーロッパで広く派生効果のあるAIG 所有権の取得

AIG(American International Group)はおそらくヨーロッパではイングランドのプレミアリーグ、マンチェスターユナイテッドのスポンサーとして最もよく知られている。だが、AIGの精力的な事業はさらに果てしなく広がり、アメリカ政府による所有権の乗っ取りは、これより前の住宅抵当金融会社ファニーメイやフレディマック(主に民間の金融機関から住宅ローン債権を買い上げて証券化する。ファニーメイが発行するモーゲージ証券は政府機関債として米国債に次ぐ信用力を保持するが、連邦政府の公的保証は受けてない。)の政府による企業救済、リーマンブラザーズの崩壊、またはメリルリンチの売却などより、ヨーロッパにとってずっと広範囲に派生効果がありそうだ。

火曜日、850億ドル(約9兆円)融資で企業救済するFRB(米連邦準備制度理事会)の合意は、今後2年間におよびAIG株式の79.9%の取得権と会社の所有権をワシントンに与える。

AIGヨーロッパは、顔の広い大会社、その他の小・中堅どころのビジネスと、ヨーロッパのFT500に名を連ねるヨーロッパの会社の85%以上に保険を提供すると言われる。AIGは英国とアイルランドで3000人、ヨーロッパ大陸で1400人を雇用する。

AIGが倒産していたら、地球全体にわたる金融業界が1800億ドルの損失に直面しているとアナリストらは見積もる。

(インターナショナルヘラルドトリブューン 17 September 2008
by Matthew Saltmarsh より一部抜粋)

ということで、マンチェスターユナイテッドは、いま、アメリカ政府の持ちものなわけです。昨日、CNN TVで盛んに街のイギリス人たちに聞いていました、「あなたのリーグはいまFRBのものなんですけど、どう思います?」
他にもプレミアリーグのスポンサーになってる危機的状況の金融企業はあるし、こういう影響もあるのか、と先行きが心配。個人的には100%AIG子会社のアリコの保険に加入しているので、あれま、倒産したら、保険はパアー!と、末端への影響についてちょっと考えました。

◇2008−09イングランドプレミアリーグ、リバプール対マンチェスターユナイテッドの試合はライアン・バベルが決勝点を決めたリバプールが2ー1で07ー08シーズンのリーグ王者マンチェスターユナイテッドから逆転勝利をおさめた。
マンチェの監督アレックス・ファーガソンには、後半ロスタイムにネマニャ・ビディッチがシャビ・アロンソへのひじ打ちで退場処分を受けるなど後味の悪い一日となった。
(AFP 2008年9月14日)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home