見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

October 09, 2008

CDSは大量破壊兵器


日本はいつまでアメリカ財務省が発行する国債を買い続けるのか。国民が知らないところで、他に承知でどんな損を押しつけられているのか。

◇中国は逃げた。そして三菱UFJは両政府の圧力で9000億円を出資させられたーー。
9月23日、三菱UFJが米モーガンスタンリーに9000億円出資、20%の最大株主に。そして、野村ホールディングス が倒産したリーマンブラザースのアジアと太平洋部門を引き継ぐ。

◇ロシアのトップは世界の構造をどう見ているかーー。
「世界の構造を一言でいえば、末期ガンに冒された王様を杖が支えている状態だ」
「王様とは、覇権国家だが世界一の債務国アメリカ。それを支えるのが日本の資金力」
「王様(アメリカ)から杖(日本)を取れば、アメリカは破産し、世界恐慌になるので、そんなことは望まないが、
でもなぜ日本は、そのようなパワーを持ちながら、アメリカのいいなりになっているのか?これがどうしてもわからない。」

◇6600兆円の「CDS爆弾」が破裂したらアメリカ経済は吹っ飛ぶ!
アメリカのGDPは1500兆円しかないからだ。
(クローズアップ現代)

◇「CDS」ウォール街を破滅させたモンスター
金融危機の元凶はJPモルガンが生み出したモンスター、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の無節操な濫用だ
by マシュー・フィリップス(NewsWeek誌の記者)
それは、米金融業界の大物たちの週末の儀式だった。太陽がいっぱいのリゾートで日頃のストレスを吹き飛ばし、世界の支配者としての成功を盛大に祝う。ヨットパーティーにビキニ姿のモデルたち、1本千ドルのシャンパンなどをイメージすればいい。
なかでも、94年にJPモルガンのバンカーたちがフロリダのボカラトンリゾート&クラブで過ごした週末は、ウォール街の伝説になっている。騒々しいパーティーもあったが、それだけではない。彼らはピンク色の壁のスペイン風リゾートで週末の大半を会議室に引きこもり、銀行業の歴史と同じだけ古い問題の解決に取り組んだ。誰かにお金を貸したとき、それが返ってこないリスクをいかに軽減するかというものだ。
当時、JPモルガンの資産は企業向けや外国政府向けの数百億ドルの貸し出しで膨らんでいた。問題は、連邦法の定めで、それらの融資の貸し倒れリスクに備える準備金として巨額の自己資本を積まなければならないことだった。利益を生まない金である。
バンカーたちが思いついたのは、ある種の保険商品だ。貸し倒れた場合の元利金の支払いを第三者に保証してもらい、代わりに銀行は保険料を払う。そうすればJPモルガンはリスクをバランスシートから切り離し、準備金を商売に回すことができる。
この仕組みが「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」で、デリバティブ(金融派生商品)の一種だ。CDSのアイディア自体は2、3年前からあったが、大きな取引をしたのはJPモルガンが最初だった。同社は90年代半ばに「スワップデスク」を設置、CDSの市場を作るためにマサチューセッツ工科大学(MIT)やケンブリッジ大学から若い数学者や科学者を雇い入れた。
数年後には、安定的な収益を確保しながらリスクを回避する手段として、CDSは最もホットな金融商品になった。「(原子爆弾開発のための)マンハッタン計画にかかわった人たちの話も聞いたことがあるが」と、当時JPモルガンの専務取締役をしていたマーク・ブリッケルは言う。「あのときボカラトンに集まったわれわれにも、何か大変なものの創造に立ち会っているという実感があった」
だが、40年代当時のロバート・オッペンハイマーや部下の核物理学者たちがそうだったように、ブリッケルと同僚たちも、自分たちが開発しているのがモンスターだとは気づかなかった。今日、経済がよろめきウォール街が廃墟と化したのは、彼らが14年前に解き放ったモンスターに大きな責任がある。
・金融業界が作った「大量破壊兵器」
アメリカ最大の保険会社アメリカンインターナショナルグループ(AIG)は、投資銀行や保険会社に対して保証していた140億ドルにのぼるCDSの支払いに行き詰まり、納税者の金で救済された。この1年間の金融システム危機の原因の多くは、元をたどればCDSに行き着く。その市場は62兆ドルに達していた。ニューヨーク証券取引所に上場する全株式の時価総額の4倍近い額だ。
著名投資家のウォーレン・バフェット(マケイン、オバマ両候補とも政権では彼を起用したいと述べた)がCDSを「金融版の大量破壊兵器」と呼んだのには理由がある。CDSは企業対企業の相対取引で契約されるため、政府の規制は及ばず、取引報告を集約する場所もないので、本当の市場価値を知ることができない。
その結果、数十億ドルもの不透明な「暗黒物質」が金融市場の頭上に垂れ込めることになった。CDSはならず者国家の核兵器のように世界中に拡散し、今は注意深く秘匿されている。多くの金融機関のバランスシートを吹き飛ばすのも時間の問題だ。
CDSのいちばん初期の取引の一つは、97年12月にJPモルガンが行った。同社はフォードやウォルマートなど大企業向けに実行した300件、計97億ドルにのぼる融資を調べ、最も貸し倒れリスクの高い上位10%を特定。それを投資家に売却した。
これを可能にしたのは、MITを出てJPモルガンのスワップデスクで働いていた当時25歳のテリ・デュホンだ。この部門は後に世界的な大銀行の幹部を多く輩出し、「モルガン・マフィア」として知られるようになる。「銀行が信用リスクを資産から切り離し、保険会社や年金に肩代わりさせることに成功した」と、今はロンドンでデリバティブのコンサルティング業を営むデュホンは言う。
まもなくCDSは、リスクの高い中南米やロシアなど新興市場への投資も怖くなくなる保険として使われ始めた。01〜02年にエンロンやワールドコムが粉飾決算の挙げ句に巨額債務をかかえて倒産すると、企業の内部崩壊に対する自己防衛の必要性も再認識され、CDSはうってつけのツールになった。2000年に1000億ドルだった市場規模は、04年には6.4兆ドルになった。
そして住宅ブームがやって来る。FRB(米連邦準備理事会)が利下げを繰り返し、アメリカ人が歴史的なペースで住宅を買いはじめると、住宅ローン債権を担保にした証券化商品は新たな有望投資先になった。銀行やヘッジファンド、年金などあらゆる金融機関がこれを購入し、彼らの多くがその債務不履行に備えてやはりCDSを購入した。
「一連の仕組みはきわめて魅力的で、ネコもしゃくしも利用した。その結果、CDSの市場は巨大化した」と、かつてシティグループのクレジット・スワップ部門を率いたロアン・ダグラスは言う。
AIGのような会社の取り扱い商品はすぐに火災保険だけではなくなった。彼らはCDSを売ることで住宅ローンの保証もはじめた。AIGが政府に救済されたときまでに、同社のCDS保証残高は4400億ドルに達していた。
債券の場合、一つが債務不履行になると、連鎖反応で他の債券も債務不履行に陥る確率が高まる。投資家は臆病になって資金を引き揚げ、市場はパニックに陥り、銀行は貸し渋りに走る。
そして住宅ローンの証券化商品が債務不履行に陥りはじめると、AIGは何十億ドルもの元利金を補償しなければならなくなった。AIGにそんな資金がないことは、たちまち明らかになった。
政府が介入してAIGを救済したのは、AIGがCDS市場のいわば最後のとりでだったからだ。銀行やヘッジファンドはCDSの売り買い両方を行い、どちらか一方で損をしてももう一方で得をするポジションだったのに対し、AIGは保証を提供する一方だった。もしAIGが債務不履行に陥れば、AIGからCDS を買っていたすべての金融機関が損失を被り、信用危機に陥っていただろう。
CDSは乱用されたが、それでも有効なツールであることに変わりはなく、葬り去ってはならないとスタンフォード大学ビジネススクールのダレル・ダッフィ教授(金融論)は言う。
「仮にCSDを法律で禁じても、金融技術者がすぐに新手法を編み出して規制をかいくぐるだろう」
(ニューズウィーク日本版 2008年10月1日)

写真のイラストはローリングストーン誌から、「カール・ローヴが戻ってきた」という記事には、「ジョン・マケインは2000年の大統領指名争いで彼を中傷したと同じ恐怖を売る商人に自分の陣営を明け渡してきている」とあります。(9 October 2008)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home