見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 20, 2008

いい気になったブラックウォーター


◇ブラックウォーターは「おそらくイラクで役割を失う」

2007年9月のバグダッドでの事件がイラク全域で怒りを誘発した

イラクでアメリカの外交官を護衛する主要な民間警備請負会社としてブラックウォーターは解雇されるべきだとアメリカ国務省調査員団が忠告してきている。

コンドリーザ・ライス国長官によって任命された調査員団の報告書は、来年契約が切れるとき会社の契約は更新されるべきでないと書く。

2007年9月バグダッドでブラックウォーターの警備員が17人の一般市民を殺害した後、ライスは再調査を命じた。

狙撃に関して5人の警備員が故殺で起訴されてきている。

事件はイラクで憤激を引き起こして、アメリカがひどくあてにする民間警備会社のそこでの役割について論争となった。

その忠告に関する決定は、ブラックウォーターの契約が更新で浮上するとき政権を握っている後任のオバマ政権に預けられることになる。

・精密な調査

ノースカロライナに拠点を置くブラックウォーターは、アメリカ主導の支配権の横領の後に続き、イラクで働く最初の民間警備会社のひとつだった。

それはその国のアメリカ人や他の外交官に護衛と防衛手段を提供する。

だが、2007年9月混雑するバグダッドの交差点でそこの護衛が射撃を開始して17人の一般市民が殺されて以来、会社はきびしい精査の下に置かれる。

ブラックウォーターは護衛の車列が暴徒から攻撃を受けたのだと述べる。

会社の従業員5人は故殺と他の法律違反でいまアメリカで起訴されているが、会社自体は告発に直面してきていない。

アメリカがどうブラックウォーターを取り替えるか明確ではない。

だが、報告書は、国務省がイラクでその外交官警備部門の駐留を増やすのを奨励したとAP通信社が報じて、身元不詳の当局者を引き合いに出す。

(BBC NEWS 17 December 2008)

◇デイヴィッド・ベッカムは、ロサンゼルスギャラクシーからの3カ月の一時的貸出より先にACミランの選手として紹介された後、「最高のレベルで」プレーするのを果たせないできているのが知れる。(CNN 20 December 2008)

写真はユニセフ大使のベッカム

0 Comments:

Post a Comment

<< Home