見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 21, 2009

殺す権限を民間会社に委託



CIA:アルカイダ暗殺を委託

米ワシントン・ポスト紙など複数の米メディアは20日、米中央情報局(CIA)が04年、米民間軍事会社「ブラックウォーター」(現ジー・サービシズ)に国際テロ組織アルカイダ幹部の暗殺を委託していたと報じた。実際に殺害したケースはなかったとされるが、法の規定に反し、米議会に報告せず進められた計画で、パネッタCIA長官は今年6月、中止を命じた。

報道によると、CIAは米同時多発テロの起きた01年、アルカイダ幹部の暗殺を計画。04年にブラック社に委託した。正式な契約はなく、CIAと同社の両幹部の個人的な合意で進められた。CIAは民間に「発注」することで、「問題が起きた場合も組織を守れる」と考えたという。

ブラック社は02年、アフガニスタンのCIA事務所の警備を受注。その後、CIAの対テロ担当の複数の高官が同社に天下りした。同社は07年、イラクのバグダッドで警備員が「攻撃を受けた」として市民17人を殺害し、問題視された。

米国ではCIAの秘密計画にも一定の規制があり、議会情報委員会への通告などが義務付けられている。しかし02年、当時のチェイニー副大統領が「CIAにはアルカイダ幹部を殺す権限があり、議会に報告する必要はない」と秘匿を命じたとの情報があるという。

(毎日新聞 2009年8月21日)

◇CIAがブッシュ前政権下で進めていた国際テロ組織アルカイダに対する秘密計画で、指導者らを狙った暗殺計画を米民間警備会社ブラックウォーター(現社名Xe)に委託していたことが分かった。20日付の米紙ニューヨーク・タイムズが伝えた。

アルカイダへの秘密計画は今年、パネッタCIA長官が就任後に存在を知り、議会に報告したうえで中止を指示した。ただ、同社の関与についてはこれまで明らかになっていなかった。

情報筋によると、CIAは01年に始まったこの秘密計画と当局との間に「距離を置く」ため、ブラックウォーターへの業務委託を決めた。同社が関与したのは06年半ばまでだが、その後も別の業務で他業者への委託が続いていたという。ある米当局者によれば、同計画には「数百億ドル」の予算が使われたが、ブラックウォーターに支払われた金額は不明。

報道を受け、CIA報道官は「計画は依然として機密扱いだ」と述べ、詳細についてのコメントを避けた。そのうえで、「パネッタ長官は、対テロ作戦について議会に知らせる時期が来たと考えて報告し、計画がうまくいっていないとの判断で中止に踏み切ったまでだ」と説明している。

ブラックウォーターは、前政権下でイラクでの軍事作戦などに参加していた。07年9月に起きたイラク民間人射殺事件を機に同国からは撤退したが、その後もアフガニスタン作戦にかかわる業務などの受注は続け、今年2月からは社名をXeに変更している。

(CNN 2009年8月21日)

写真左はリビアのTVに登場した末期ガンを理由にわずか8年の拘留でリビアに引き渡され歓待されたパンナム機爆破犯アルメグラヒ
BBC NEWS によると、ロッカビーボンバー(爆破犯)の釈放はリビアと英国間の貿易協定に関連づけられると、リビアのカダフィ大佐の息子が言っている

◇パンナム機爆破受刑者釈放、英当局が貿易案件との関係を否定

英外務省は20日、パンナム機爆破事件でスコットランドで服役中だったリビア元情報機関員アブデルバセト・アルメグラヒ元受刑者(57)の釈放が、リビアと英国の貿易案件に関係していると述べたリビアの最高指導者カダフィ大佐の息子の発言を否定した。CNNが入手した同省の声明文で分かった。

AFP通信によると、同大佐の息子サイフ・アルイスラム・カダフィ氏は、20日にスコットランドからリビアに帰国したアルメグラヒ氏に同行。機内でリビアの国内メディアに対し、リビアから英国への石油ガス供給契約交渉で、アルメグラヒ氏の釈放が常に協議されていたと語った。

英外務省は直ちにこれを否定し、同日夜に発表した声明で、アルメグラヒ氏釈放と貿易案件をめぐるリビアとの取引はなかったと明言した。同省は釈放決定が、スコットランドの閣僚や当局のみによって行われたと強調している。

(CNN 2009年8月22日)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home