見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

October 30, 2009

アメリカの汚名のひとつが終わる



◇オバマが近いうちにHIVと共に生きる人々の入国禁止を解く

アメリカはHIVと共に生きる人々の入国で22年の禁止を終わりにすべきなのを、バラク・オバマ大統領が確かなものとしてきている。

HIV/エイズ関連のヘルスケアを提供する行いに対する財政援助を延長したとき、オバマ氏は公表した。

「HIV/エイズと闘うことで世界的な指導者になりたければ、私たちはそのように行動する必要があります」とオバマ氏は言った。

アメリカはHIV状態で入る自由(権利)を除く、わずか約12カ国のうちのひとつだ。禁止令は2010年の初めに取り除かれるものと期待される。

・汚名を終える

ライアン・ホワイトHIV/エイズ治療延長法に署名したとき、オバマ氏はこの動きを確かなものとした。

入る自由の禁止は「事実よりむしろ恐怖に根をもたれてきていた」とオバマ氏は言った。

彼は言った。「エイズ流行病を食い止める支援に関係するとき、私たちは世界をリードします。ところが今はまだ、HIVと共に生きる人々が私たちの国に入るのを禁ずるわずか1ダースの国のひとつです。」
「月曜日、私の政権は新年後ただちに効力を発揮する旅行禁止を排除する最終的ルールを発表するでしょう。」

オバマは付け加えた。「人々に検査を受けさせるのを抑制してきた汚名、人々が自分の病気に直面するのを抑制して長すぎるほどこの疾病の広がりを促進してきた汚名を終えるためにも努力がとられることになるでしょう。」

禁止を取り除くプロセスはジョージ・W・ブッシュ政権下で始まっていた。

ライアン・ホワイト法は輸血によってウイルスに感染した13歳の少年にちなんで命名され、18歳での彼の死まで、この疾病についてアメリカ人を教育するのを助けた。

この法案は治療と支援を提供することによって多くが低所得者の約50万人を助ける。

HIVは1987年に人々が米国に入るのを不適格とする疾病のリストに加えられた。

(BBC NEWS 30 October 2009)
http://news.bbc.co.uk/go/pr/fr/-/2/hi/americas/8334810.stm

写真は金曜日「HIV/エイズと闘うことで世界的なリーダーになりたければ、私たちはそのように行動する必要がある」と言ったオバマ大統領
(CNN 30 October 2009)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home