見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

April 17, 2010

火山灰によるカオス




◇ヨーロッパの空域のほとんどが閉鎖されてきている、アイスランドの火山灰がますます拡大し続けるとき、何百万もの空港で立ち往生する旅行者は、さらなる空の混乱に直面する。

(BBC NEWS 18 April 2010)
写真は火山灰が上空2万フィートに達する予測域と、火山の噴煙

◇空の便 火山灰の猛威 欧州空港閉鎖 1万6000便欠航

アイスランドの火山噴火により火山灰が広がった問題で、欧州の航空交通管制の調整機関「ユーロコントロール」(本部ブリュッセル)は16日午後(日本時間16日夜)、混乱は少なくとも17日午前7時(同17日午後3時)までは続くとの見通しを発表した。
 
オランダやベルギーなど9カ国の全空港が閉鎖されているほか、ドイツ、フランス、オーストリアなど8カ国で主要な空港が閉鎖されており、16日だけで約1万6千便が欠航し、数十万人に影響が出た。

火山灰はアイスランドから風に乗って徐々に南東に流れているが、ユーロコントロールは南欧までは広がらないとの見解を示している。英国北部やアイルランド、ノルウェーなどでは一部の運航を再開した。

英国ではロンドンヒースロー空港など主要空港は閉鎖されており、ブリティッシュ・エアウェイズは1日につき1千万ポンド(約14億3500万円相当)から2千万ポンドの損失が出ると試算している。

英国の航空業界全体では週末までこの状態が続けば、1億ポンド以上の損失が出るとの見通しを示している。

空の便の混乱を受け、英国とヨーロッパ大陸を結ぶ高速鉄道ユーロスターにビジネスや旅行の客が殺到。15日は1万人以上がキャンセル待ちした。航空便に乗れなくなった人は「百年前に戻ったようだ」と嘆いていた。

(東京新聞 2010年4月17日)

■飛行禁止措置国
▽全空域:オーストリア、ベルギー、ボスニアヘルツェゴビナ、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、ラトビア、ルクセンブルグ、オランダ、ポーランド、スロバキア、スロベニア、スウェーデン、スイス、ウクライナ、UK
▽一部空域:スペイン(マドリード空港は開いているが北欧便はキャンセル。北部7つの空港が一時閉鎖)、ベラルーシ、クロアチア、フランス、イタリー、リトアニア、ノルウェー、セルビア、ルーマニア
(BBCによる)

画像はクリックすると拡大版でご覧になれます。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home