見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 13, 2011

ビョークのBiophilia



ビョークの新作で再びミシェル・ゴンドリーの手による映像を見ることができる
おまけにこの7枚目のアルバムにはiPadアプリがフィーチャーされている
上のyoutubeの映像は björkの「crystalline」

イギリスのガーディアン紙によると、新作「Biophilia」にはミュージックビデオとiPadアプリがフィーチャーされる。10種類のアプリが母体となるアプリの中に組み込まれるとのこと。1曲ごとに1つのアプリが用意されており、ユーザが曲のテーマを探求したり、全く新しいバージョンを作ったりすることができる。また、伝えられるところでは、そのミュージックビデオの1曲はミシェル・ゴンドリーによるものだ。

「Virus」という曲にはゲームの要素が含まれており、ユーザは細胞を攻撃するウィルスを阻止しなければならない。でも、ウィルスを完全に阻止すると曲が終わってしまうため、最後まで聴くにはゲームに負けるしかない。

アルバムはiPad版のほかに通常のCD版も発売される予定。

http://mocir.blog136.fc2.com/blog-entry-251.html

もうひとつ、気になるニュース 
「飛べることを確かめるには飛んでみるしかない」と言って、アイ・ウェイウェイが「戦う」とツイート...

◇艾未未氏「不正との戦いやめない」、保釈後初めて取材に応じる

中国で脱税の罪に問われ拘束されていた著名芸術家、艾未未(アイ・ウェイウェイ)氏が、6月の保釈後初めて報道陣の取材に応じた。



中国の人権問題を批判していた艾氏は4月から3カ月にわたって拘束された。同氏は中国共産党の英字紙グローバル・タイムズに対し、「ある程度の権利を放棄すればもっと楽に生きられるかもしれない。しかしあまりに不正が横行し、教育資源も限られている」「こうしたすべてのことによって幸福がそがれる。私は不正との戦いをやめない」と決意を語った。



同紙によれば、艾氏は保釈の条件としてインターネットの「ツイッター」利用を禁じられた。しかし同氏は書き込みを続け、8日には自身と共に拘束された同僚の身を案じて「彼らは私との関係のために不当に拘束されている。無実でありながら精神的、肉体的に多大な苦痛を味わっている」とツイートし、9日のツイートでは拘束されている人たちのために行動を呼び掛けた。



CNNの取材に対しては10日、「鳥が飛べることを確かめるためには羽ばたく必要がある」と述べ、一連のツイートは艾氏自身が投稿していることを確認した。



艾氏は4月に空港で拘束され、6月22日に保釈された。北京の警察は新華社通信に対し、同氏が罪を認めたと話していたが、同氏が経営していたとされる会社は7月、脱税の容疑を否定している。

(引用元:CNN 2011年8月11日)
http://www.cnn.co.jp/world/30003650.html

△9日、アイ・ウェイウェイ氏が保釈後初めてツイッター上で政府批判を展開した。

同氏はまず、「自分のせいで」投獄された同僚たちが獄中で「精神的にも肉体的にも激しい拷問を受けた」と述べた。自身のスタジオでデザイナーとして働く劉正剛(Liu Zhenggang)氏などは、拘留中に心臓発作を起こし、危うく命を落とすところだったという。

別のつぶやきでは、同僚3人(会計士、アシスタント、運転手を務める艾氏のいとこ)が「不法に投獄された」と非難。

さらにフォロワーに対し、作家の冉雲飛(Ran Yunfei)氏ら反体制派への強い支持を呼び掛けた。

保釈後、公の発言を控えてきた艾氏は、6日に保釈後初めてツイッターにつぶやきを投稿していた。

(引用元:AFP)
http://www.afpbb.com/article/politics/2819274/7621343

0 Comments:

Post a Comment

<< Home