見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 09, 2013

Lavabit 閉鎖のわけ


◇スノーデンが利用したとのEメールサービス、Lavabitが突然閉鎖となる
boing boing 08 Aug 2013

Gmailのような人気のあるウェブベースの無料サービスよりもっと望ましいプライバシーとセキュリティをユーザーに提供すると主張するEメールサービス、Lavabitをエドワード・スノーデンが使っているとの話が広まったの憶えている?Lavabitのオーナーがサービスを閉鎖していて、lavabit.comのホームページに今日、"アメリカ人に対する犯罪に共謀させられる"のを避けたいことについてメッセージを掲載した。

声明によると、ユーザーをスパイすることで政府に協力しろとの裁判所命令を彼は拒否したようだ。

LavabitのEメールサービスは35万人の自称ユーザーをもとにさまざまなセキュリティ機能を提供した、そして国家の監視プログラムに協力するよりはむしろ、初めて公然と率直に閉鎖するたいした会社だ。7月中旬のモスクワのシェレメチェボ空港の記者会見に招待状を送るのに使われたと報じされるスノーデン(または彼に代わってEメールを送る誰かさん)のEメールアドレスはLavabitのアカウントだった。

以下は、Lavabitの創設者でオペレーターのLadar Levisonからのメッセージ全文

私のユーザー仲間、

アメリカの国民への犯罪に共謀することになるか、Lavabitを閉鎖することで10年近くのハードワークから逃げるか、私は難しい決断を強いられていました。かなりの自己分析の後に、私は活動を中止することに決めました。私の決定につながった成り行きを法律的にあなた方と共有できたらいいのにと思います。私にはできません。どういうことかあなた方には当然わかっている感じがします、憲法修正第一条はこのような情況においてはっきり意見を述べる自由を私に請け合うことになっています。残念ながら、議会はそうでないとする法律を可決しました。適正な請願を二度してきたとはいえ、事態が目下のままの状態にあるとき、この6週間従事する私の経験を分担することはできません。

いまどういうことが生じようとしているか?私たちはすでに第4巡回控訴裁判所で憲法のために戦い続けるのに必要な事務処理の準備を始めています。承認決定はアメリカの企業として私にLavabitの復活を可能にさせます。この経験は私に非常に重要なひとつの教訓を教えます。米国議会の決定または強力な司法の判決例がなければ、アメリカ合衆国に有形のつながりのある会社にだれも個人データを預けないことを私は強くすすめたい。

敬具、
Ladar Levison
Lavabit LLCのオーナーかつオペレーター

http://boingboing.net/2013/08/08/lavabit-email-service-snowden.html


◇政府が押しつける制約が、まさしくなにが彼の会社の危機的局面につながったか説明するのを妨げたとLevisonは言っている。

プライバシー保護団体はこの処置は前例がないと称した。「サービスを提供するプロバイダーが、憲法に反すると感じた裁判所命令に従うよりはむしろ閉鎖を選ぶ、どんな情況も私は知らない」と電子フロンティア財団(EFF)の弁護士、カート・オプサールは述べた。

国家安全保障局(NSA)の監視捜査網に参加するテクノロジー数社は、故意であれ裁判所命令のためであれどちらでも、彼らが力のある情報部門に提供するものがなにか会社の顧客に正確に説明するのを妨げる秘密主義の規制を解除する請願書を提出している。ヤフーはその裁判所命令の幾つかの開示で訴えている。

そのような命令を発行するFisa法廷として知られる秘密法廷の統轄判事が、ヤフー訴訟で機密解除するつもりだと司法省に知らせている。その情報の公開を取り巻く問題について9月まで続く見直し(再検討)に、先週、司法省が同意した。 
アメリカ人を守るのに絶対に必要であるとNSAやオバマ政権が主張する大量監視活動のためにNSAに従うのを拒否していると知られるインターネットやテレコミュニケーション会社はほんの少数だ。そのうちの1社、前CEOのJoseph Nacchioがインサイダー取引で有罪判決を受けたQwest Communicationsは、Qwestが911後の監視の珍しい拒否者になったあと政府は有利な契約で会社を拒絶したと申し立てた。

「企業の参加がなければ、NSAの収集能力はかなり減少するだろう」と最近、元NSAの暗号解読者ウィリアム・ビニーがガーディアン紙に語った。

伝えられるところでは、スノーデンはLavabitの顧客だった。

Levinsonは会社の閉鎖について多くを伝えなかったが、たとえば彼はとりわけNSAについて言及しなかった、彼は法的異議申し立てを起こすつもりだと言った。

彼はこう続けた、「この経験が私にひとつのとても重要な教訓を教えてくれた。議会の決定または強力な司法の判決例がなければ、誰もアメリカ合衆国に有形のつながりのある会社に個人データを預けないことを私は強くすすめたい。」

Levinsonが第4巡回控訴裁判所の前に問題を訴えていた事実が、政府にはLavabitのデータを求める裁判所命令があったのを示したことについて、電子フロンティア財団のオプサールが特に言及した。

「非常に大胆なはっきりした立場をとっている、それには財政上のさまざまな問題があると私は確信する」とオプサールは言っている。

「これを中心としてもっと透明さがあるべきです。ここで法的問題であるものをおおやけに明らかにすることで、おそらくアメリカ合衆国の国家安全保障に危害はないですよ」とオプサールは続けた。

NSA、ホワイトハウス、司法省、国家情報局長官執務室の代表者は、コメントの求めに対して、ただちに応じなかった。

http://www.theguardian.com/technology/2013/aug/08/lavabit-email-shut-down-edward-snowden?CMP=twt_fd

0 Comments:

Post a Comment

<< Home