見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

March 31, 2014

死を商う ダースベイダー


早ければ今日にも、日本の安倍政権は武器輸出三原則を撤廃する見込み

◇戦場ジャーナリストが問う「武器輸出三原則」撤廃の行方
by 志葉 玲 2014年4月1日

パレスチナ・ガザ地区在住のジャーナリストで、筆者の友人でもある、マジッド・アブサラマは、安倍政権が「武器輸出三原則」を撤廃すると聞き、驚きと憤りを隠せない様子だった。日本が他国へ武器・兵器及び関連技術の輸出することを原則禁止してきた「武器輸出三原則」。安倍政権は、この「武器輸出三原則」を廃し、新たに「防衛装備移転三原則」案を、早ければ本日1日にも閣議決定する見通しだ。それは、これまでの武器・兵器及び関連技術の輸出を「原則全面禁止」としてきた従来の立場と、全く真逆の方向に舵を切り、米国やイスラエルへの武器・兵器の輸出や技術協力を解禁し、これらの国々が今後も行うだろう戦争犯罪に、日本も積極的に加担するということを意味する。

マスコミ各紙の報道によれば、自民・公明のプロジェクトチームでまとめられた「防衛装備移転三原則」最終案には「紛争当事国や国連決議に違反する場合は輸出しない」「目的外使用や第三国への移転は適正管理が確保される場合に限る」などの条件も追加されたというが、全くあてにならないだろう。もし、この文言通りに解釈するならば、安倍政権は、F-35戦闘機の製造・共同開発に日本企業を参加させるべきではない。F-35問題については、端的に言えば、米国が一元管理するF35戦闘機の共同開発に日本企業が参加することにより、「メイド・イン・ジャパン40%」の戦闘機が、米国からイスラエルへと売却されるかもしれないということだ。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20140401-00034122/

◇映画「スターウォーズ」シリーズの悪役「ダース・ベイダー卿」にふんすることで知られる「ウクライナ・インターネット党」の指導者が、5月に行われる大統領選に立候補すると、同党が29日発表した。
首都キエフで党集会を開いたインターネット党は、ベイダー卿が既に立候補登録に必要な書類を提出したと明らかにした。(ロイター3/29)
http://www.huffingtonpost.jp/2014/03/31/darth-vader_n_5066145.html?&ncid=tweetlnkushpmg00000067
◇電子政府樹立を訴えるウクライナ・インターネット党(UIP)の公認候補で、供託金250万フリブナ(約2300万円)も払い込んだ。
黒い仮面に隠されたベイダー候補の素顔は不明だが、キエフ中心部の広場に時折、「帝国軍」の機動歩兵「ストーム・トルーパー」を連れて顔を出すことで知られている。出馬声明では「失った領土を奪い返し、この国に誇りを取り戻せるのは私しかいない」と訴えている。(AFP=時事 3/31)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014033100031

0 Comments:

Post a Comment

<< Home