見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

March 12, 2014

パレスチナ代表選手が狙われる


◇なぜイスラエルは許されるのか?
最新の出来事のあと、FIFAでのイスラエルの将来は不確実
ネーション紙 3 March 2014 by Dave Zirin
多くの人にとってのプライドのよりどころ、パレスチナ代表サッカーチームがイスラエル国家によって攻撃を受けている。(写真)

二人の名前は Jawhar Nasser Jawhar(19歳)とAdam Abd al-Raouf Halabiya(17歳) 。かつて二人はヨルダン川西岸のサッカー選手だった。今となってはもう二人が二度とスポーツをすることはない。二人が検問所に近づいたとしてイスラエル軍が発砲した1月31日、Jawharとアダムはファイサル・アル・フセイニ・スタジアムでのトレーニングの集まりから帰宅途中だった。繰り返し撃たれたあと、二人は検問所の複数の犬にひどい目に遭わされてから打ちのめされた。10発の弾丸がJawharの脚に撃ち込まれた。アダムは脚にそれぞれ1発づつ食らった。ラマッラーの病院からアンマンのキング・フセイン・メディカルセンターに移送された後、サッカーがもはや二人の将来の一部ではなくなったとのニュースを聴いた。(イスラエルの国境偵察隊は二人の若者が今にも爆弾を投げようとしていたと主張した。)

これはイスラエル軍と治安部隊によるパレスチナのサッカー選手を標的としてねらう最新の事例にすぎない。過去5年におよび、パレスチナの代表チームのメンバー数人にとって、死か怪我、または投獄は現実のことだった。スペインの一流のワールドカップチームのメンバーらが他国によって投獄されるかまたは撃たれるかまたは殺害されるとまあ考えてもごらん、そして確実な国際メディアの憤りを推察してごらん。ブラジルの見込みのある若い選手が他国の軍隊によって脚を撃たれたと推測してごらん。だが、痛ましくも、検問所の端から端へのこれら出来事はスポーツ面またはそれ以外のページ上でほとんど配慮を受けてきていない。多くは、占領された自治領で受けるこの種の攻撃目標にすることの心理的効果について書かれてきている。スポーツは逃げ道(逃避手段)や喜びやコミュニティを意味する、そして認められた国のない人々にとってパレスチナ代表サッカーチームはものすごいプライドのよりどころだ。選手を攻撃することは、代表チームにはいつか正当にホーム(自国)があるとの望みを攻撃することだ。
1988年にできたパレスチナ代表フットボールチームは目下のところFIFAによって世界で144位にランク付けされる。彼らは115位より上になったことがない。パレスチナ・フットボール協会のJibril al-Rajoub会長がはっきりコメントしたように、問題は「占領が無理強いしてパレスチナのスポーツを破壊すること」に根ざしている。
昨年を通して、パレスチナ・サッカーのこの組織的標的に応じて、al-Rajoub会長はイスラエルに究極の制裁を与えるために勢力を招集しようとした、そして彼が言ったように、「FIFAと国際オリンピック委員会からイスラエルの追放を要求した。」al-Rajoubは、この処置に賛成してヨルダン、カタール、イラン、オマーン、アルジェリア、チュニジアの支持を公言する、そしてもっと多くの支持をまとめるため、3月14日アラブ諸国の地域会合の機会を有してもっと多くの国を断言する。彼はまた、すべてのFIFA加盟国がブラジルで会合するとき、決議を正式なものにすると誓った。
2022年ワールドカップのホスト国として、これにおけるカタールの立場は当然、特にこの綿密な調査だ。トーナメントをホストする初のアラブ国家として彼らは警戒に忙しい数百人のネパール人労働者の死のゆえに攻撃を受けている。これらの懸念が増大するとき、カタールは彼らが集めることができるFIFAにおけるすべての支持を必要とする。結局、その支持への道をイスラエルと対決するかまたは和解させるかを伴うものとしてみなそうがみなすまいが、いずれにせよ、ひどく興味をそそる。
ブラッター会長に関しては、イスラエル国家によるパレスチナ人アスリーツの処遇に問題があることを彼は明確に認める。昨年を通して彼は、パレスチナ人アスリーツをヨルダン川西岸とガザから出ないようにする(そしてトレーナーやコンサルタントやコーチを入らないようにする)検問所や制限を緩和することである種の合意に達することができるかどうか見るためにイスラエルとパレスチナ当局の委員会を招集することでこの問題を調停しようと努めてきている。それでもal-Rajoubは進展はなにもないと見る。彼が言っているように、「これはイスラエル人のいつもの行動の仕方で彼らがメンタルのバッテリーをリチャージしている徴候はなにひとつない。現場で変化はなにもありません。私たちは正式なFIFAのメンバーで、他のすべてのメンバー国と同じ権利があります。」
JawharとAdamの脚への銃撃は難しい状況に至っており、それを信じがたいことにした。FIFAやIOCのようなスポーツ好きの機関は加盟国の行ないに取り組むとき、常に砂地に一線を画することに慎重だ。だが、政治権力の中心でさえ無視するのが不可能なほど選手の意図的な標的が容認される。
イスラエルがパレスチナ人アスリーツを阻止と暴行にさらす限り、国際的なスポーツの委員の地位が不安定から離れることは決してない。
http://www.thenation.com/blog/178642/after-latest-incident-israels-future-fifa-uncertain#

0 Comments:

Post a Comment

<< Home