見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

May 23, 2014

自治はいのち、服従は死


◇サパティスタとメキシコの自治権のあるコミュニティ20周年の祝典
2014年5月22日~8月3日 
オープニング5月22日午後7時~10時
Organized by Melissa Forbis and Kevin Caplicki

Interference Archiveは、アーティストの協同組合がプロデュースするグラフィックアート代表作品選集「自治はいのち、服従は死」を発表する。この展示は、メキシコ政府と全世界の資本主義に対するサパティスタ運動の20年のレジスタンスの祝賀を通して、大量虐殺に抵抗し、自決権と自治を求めるメキシコ先住民の520年の苦闘に名誉を与える。

代表作品選集は、気持ちの上ではサパティスタ運動とメキシコの多くの自治権のあるコミュニティとの連帯で生まれた。20人のアーティストは、自治権を求める苦闘と1994年1月1日の蜂起のあと現れた話すことと耳を傾けることというレジスタンス行為によって見えてくる新しい政治的視野によってインスパイアーされた表現を描いた。その苦闘のパワーを表すことや、この自立的な理論づけと実践がニューワールドに向かって私たちが一緒に歩くとき私たちに何を提供するかについて共有する会話を誘発するために、スターティングポイントとしてアーティストは作品を展示する。

この展示には、映画上映、ディスカッション、朗読会が入る一般プログラムのスケジュールが伴う。

5月29日(木)午後7時

サパティスタの革命:自治を築くための20年
サパティスタがメキシコ政府とグルーバルな資本主義に異議を申し立てるために反抗して立ち上がり、「別の世界は可能」なことを私たちに気づかせる20年前の重要性を祝うため、Interference Archiveはサロンを主催する。たいていの人には、サパティスタの合い言葉はジャングルのなかでスキーマスクをした反抗者のイメージを彷彿させる。サパティスタの日常生活からなる現実の変革は魅力に満ちるほどでないが、もっと影響は遠くまでおよび遠大だ。
1994年以降、長期間の活動家たちは連帯してコミュニティプロジェクトに従事し、サパティスタと一緒に働く経験を共有する。自治というやり方で既存のものに代わるガバナンス(統治)を作り出すことによってサパティスタがその考えを実行したその手段に焦点を合わせ、蜂起以降非常に長い間、彼らは議論をリードする。
どの点でサパティスタ蜂起は成功していると言えるのか、地元的に全国的にまた全世界的に、彼らはなにを成し遂げているのか?
近年最も重要な革命的政治形態のひとつについて、この異なる読みや学問的修正を加えた熟考して得た考えに参加してくれ。

6月12日(木)午後7時~9時

映画上映:Corazon del Tiempo(2009年、90分)
メキシコ南部チアパス州の若い女性がサパティスタ闘争における革命的戦いにほれ込む。(Interference Archive)

この公開(展示会)は一部分、ニューヨーク市文化業務局のGreater New York Arts Development Fund によって後援され、ブルックリンアーツカウンシル(ブルックリン芸術協会:BAC)によって運営される。

http://interferencearchive.org/la-autonomia-es-la-vida-la-sumision-es-la-muerte-a-celebration-of-20-years-of-the-zapatistas-and-the-autonomous-communities-of-mexico/

※サパティスタの正式名はサパティスタ民族解放軍(EZLN)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home