見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

May 28, 2014

違法行為にハッカーを利用


◇FBIの密告者に転じたアノニマスのハッカーSabuが刑期を回避
RT 27 May 2014
多数の法人のネットワークへの侵入を手伝い、次にはFBIが政治的ハッカー集団アノニマスの裏をかくのを助ける側に転換したあと、Hector Xavier Monsegurは、1年の監視状態の釈放ということになる刑期を務める判決を下された。
ヤフーニュースによると、アノニマスとその分派LulzSecによるサイバー攻撃を止めるためFBIと共に取り組んだ見返りに、ハッカーは「寛大さに報いられる」べきだと説明して、木曜、ニューヨークの検察官がMonsuegurの連邦政府との協力を公式に物語った。 
Monsegurは当初、その活発な動きで罪を認めて懲役数十年に直面したが、FBIとのコラボレーションが彼の刑期を徹底的に減らし、投獄を避けるのに役立った。公式の判決より先に検察官は獄中で短くも7カ月をせっついていた。
インターネットの別名“Sabu” で知られるMonsegurは、グループの標的にフォックスTVやペイパルが入る一連のサイバー活動で彼がLulzSecを先導し始めた2011年に、はじめてアノニマスと共に著名になった。彼のグループの成し遂げた業績、たとえば、個人情報を手に入れる能力について、さも満足そうにオンラインを眺めた後にFBIは跡をたどって彼を自宅で捕まえることができた。
この局面で、Sabuはただちに仲間のハッカーに逆らって政府に協力することに決めた、そして議会やNASAのような機関に対するものを含め、少なくとも300件の異なるサイバー活動に終止符を打つのを彼が助けたとFBIは主張する。
ことによるとSabuの協力で動かした最大の逮捕は、諜報会社ストラットフォー(Stratfor)の内密のサーバーに侵入してそのコンテンツをウィキリークス(WikiLeaks)に中継したことで罪を認めたインターネット活動家、ジェレミー・ハモンドのそれだ。ハモンドは昨年、懲役10年の実刑を宣告されたが、グループをだましてアメリカが敵とみなした諸外国のウェブサイトを攻撃させるためにアノニマスの中でFBIのスパイを使ったとして彼がFBIを非難したとき、波風を立てた。
「そのすべてがFBIと協力する間にSabuによって示されたこれらの潜入は、何千ものドメイン名に影響を及ぼして、トルコ、ブラジル、イランのそれを含め、外国政府のウェブサイトに広くある」と、アメリカ連邦第一審裁判所判事ロレッタ・プレスカ(Loretta Preska)によって発言を禁じられる前にハモンドは法廷に向かって言った。
政府の情報の大部分がSabuによって与えられた国際的な強制捜査の一環としてハモンドは2012年3月に拘留された。次に続く8月、FBIを助けてアノニマスとLulzSecを葬り去ることに加えて、政府自体が標的にできなかった諸外国に対してグループのメンバーを勢いづかせてサイバー攻撃を行うためにSabuは連邦捜査官によって利用されたと主張する声明を彼は出した。
「アメリカが法律上達成できなかったことを違法に達成するために、Sabuや延長時間によってボクやボクの共同被告を使った」とハモンドは書いた。「なぜアメリカ合衆国は外国政府の内密のネットワークに潜入するためにボクらを利用していたのか?ボクらが盗んだ情報で何をしているのか?そして政府の誰がいったいこの犯罪を説明する責任を守らせられるのか?」
RTが以前に報じたように、ブラジル、トルコ、シリア、プエルトリコ、コロンビア、ナイジェリア、イラン、スロベニア、ギリシャ、パキスタンのウェブサイトに攻撃を行うにつき、FBIはSabuの力添えでハッカーを納得させることができたのを、ハモンドの判決に引き続いてオンラインで公表される文書が示した。
これらの作戦におけるSabuの役割は政治的ハッカー(hacktivist)コミュニティで彼に対する反発を引き起こした。FBIが彼と彼の家族を人に知られていない場所に移動させたという程度まで一部の個人は彼の個人情報を公表して彼に嫌がらせをした。
これら国際的なサイバー攻撃におけるFBIの関与に関する最近のニューヨークタイムズ紙の記事の次に続くハモンドによるコメントからなるリークは、この場合ハッカー自身は最も重要な対象ではないと示すことに先んじてSabuの政府との協力に関してなおいっそう詳細に広がった。
「ボクの場合には、何百もの公開、非公開のハッカーのチャットルームに潜入して監視するのにFBIはSabuを利用した、そこで彼は他人がやり遂げたシステム侵入に対する責任を主張することでアノニマス内で影響力を得ることができた、そしてまた大げさな引用を用いてメディアに得意げに話したり、裏切り者で密告者だと他人を非難して政府や企業のウェブサイトへの侵入を励ました」と伝える所によれば彼は書いた。
「Sabuは本当の問題ではない。重要なのは、いかにFBIが彼を利用したか、そしていかに彼らが情報を集めてうっかりも説明責任または不法行為に対して行う強力な報復的行為もなしに違法にウェブサイトに侵入するために今でも他の政治的ハッカーを利用しているかもしれないということだ。」
http://rt.com/usa/161764-anonimous-hacker-informat-sabu-monsegur
画像:判決の審問でちょっと前に終えたHector “Sabu” Monsegurの法廷ポートレート

△FBIに対する捜査協力で懲役20年以上から大幅減刑に

Wiredによると、ハッカー集団LulzSecの元リーダーHector Xavier Monsegur、別名Sabuに対する判決が5月27日に下される予定だ。SabuはソニーやCIAなどに対する数々の攻撃を主導した人物だが、2011年に逮捕され、FBIとの司法取引に応じた。その後はLulzSecの中心人物としての地位を利用してFBIに情報を提供し、他の多くのハッカーの逮捕に協力した。

アメリカ政府は、彼の捜査への貢献を高く評価して懲役をこれまでの7カ月の拘留期間で済ませようとしている。もしそうなれば、彼は判決が下されたらすぐに自由の身になれるということだ。

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20140526/Gizmodo_201405_lulzsec_4.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home