見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

September 27, 2014

エボラ死者3000人超

 
◇キリスト教徒の放送局:エボラウィルスは無神論者、同性愛者、ふしだらな女に属するアメリカを浄化できる
rawstory 07 August 2014

世界が終わる徴候を熱心に探すキリスト教徒のラジオ司会者が浄化(望ましくない社会集団や民族の一掃)効果としてエボラウィルスを歓迎した。    

「このエボラウィルスの流行は世界的流行病になりえます、そしてそれは天罰の新たな名前です」とブロードキャスターRick Wilesは自分の番組”Trunews”で言っている。

「到来していると私が信じるのは大きな敵対的な構えの修正であるかもしれません」とWilesは続けた。「エボラウィルスは、無神論者、同性愛、相手を特定しない性行為、ポルノ、中絶に賛成するアメリカの問題を解決することができます。」

火曜日、Wilesはエボラウィルスの出現について熱狂的だった、だがその極めて有害なウィルスをオバマ大統領が強制的で怪しげなワクチンにより故意に広めるかもしれないと前の日に警告したとRight Wing Watchは報じた。

そこでどういうわけかオバマが戒厳令を布告してアメリカ人をFEMA(連邦緊急事態管理庁)キャンプに押し込むのを可能ならしめると宗教右翼のブロードキャスターは理論づけた。

https://soundcloud.com/rightwingwatch/wiles-ebola-can-solve-problem-of-homosexuality-abortion-atheism
http://www.rawstory.com/rs/2014/08/christian-broadcaster-ebola-could-cleanse-us-of-atheists-gay-people-and-sluts/#.VCca3ZO6Zmg.twitter

△富士フイルムは、グループ会社が開発したエボラ出血熱には未承認ですが、治療には効果が見込めるとされる薬が、緊急対応としてフランス人の患者に初めて投与されたことを発表しました。
発表によりますと、富士フイルムのグループ会社の富山化学工業が開発し、エボラ出血熱の治療にも効果が見込めるとされる薬の「ファビピラビル」が、エボラ出血熱の患者でフランス人の女性に投与されたということです。
この薬はエボラ出血熱の治療薬としては承認されていませんが、今回はフランスの政府機関の要請を受けて日本政府と協議した結果、緊急対応として今月19日からエボラ出血熱の患者に初めて投与されたということです。
薬の投与を受けたフランス人の患者は、西アフリカのリベリアで医療活動に従事していた看護師の女性で、現在はフランスで治療を受けているということです。
エボラ出血熱を巡っては、安倍総理大臣が日本時間26日未明、ニューヨークで開かれた国連の会合で、日本企業が開発した効果の見込める薬の提供などを行う考えを示していて、富士フイルムは、今後も患者に提供できるかについて引き続き協議するとしています。富士フイルムによりますと、今回の投与は、ほかの未承認薬と併用する形で行われているということで、症状が改善しているかどうかは「メーカーの立場からはコメントできない」としています。
この薬はインフルエンザの治療薬ですが、重い副作用を引き起こす可能性があることから、厚生労働省が条件付きで承認したものです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140926/k10014907301000.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home