見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

March 12, 2015

キューバの救命薬

March 12, 2015 
親愛なるヴァーモス、 
アメリカ・キューバ関係の緩和によって、アメリカ政府は現在、100ドルの価値のあるラム酒と葉巻を含め、キューバへの観光客に民間部門から400ドルの価値のある商品を持ち帰ることを認めます。でも、救命できる薬剤を持ち帰るのを観光客に禁じます、そのわけは、それらの薬剤がキューバ政府の研究センターで開発されるから。 
このアメリカ財務相とホワイトハウスへの請願、”アメリカの患者にキューバからの救命薬を摂取させてください!”に署名をお願いします。 
キューバに現存する薬がないために、アメリカでは7分ごとに誰かが糖尿病で手足を失います。同様に、長いあいだよく耐えている禁輸のためアメリカによって輸出される高度な医療テクノロジーを入手できないから、キューバもまた損害を受けます。 
アメリカ議会書簡がオバマ政権に手足切断から糖尿病患者を救うことができるキューバの薬、Herberprot-Bの試験と販売を請いました。111名の下院議員によって署名される書簡には、「これは冷戦時代の政治問題の一部としてではなく、人間の問題として見なされるべきアメリカ国民にとって重大なまだ対処されていない医療ニーズ」だと書いてあります。 
禁輸と旅行禁止を解除するため私たちはキューバの友人たちと一緒に取り組むので、コードピンクに参加してください。 
アメリカとキューバは大いに互いに提供し合う必要があります。4月26日から5月3日までキューバへ行くコードピンク代表団に加わることで、直接学んでください! 
隣人と共に平和に向かって、
Alli, Janet, Jodie, Katie, Katy, Kristin, Medea, Michelle, Nalini, Nancy, Nathan, Sergei, Sophia and Tighe

http://act.rootsaction.org/p/dia/action3/common/public/?action_KEY=11013&track=CP20150310&tag=CP20150310

0 Comments:

Post a Comment

<< Home