見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

April 10, 2015

悪意に満ちた報復の拘留

10 April 2015 
親愛なるヴァーモス、 
2015年4月2日午前1時半、イスラエル占領軍はラマッラーの自宅から52歳のパレスチナ人フェミニスト議員法学者、Khalida Jarrarを拘束しました。彼女は、ヨルダン川西岸のOfer強制収容所で4時間におよび尋問されたあと、イスラエルのHaSharon刑務所に移送されました。 
長い間イスラエル占領についてずばずばものを言う批評家であり、パレスチナ人の人権を求める闘争の指導者であったKhalida Jarrarは、6カ月の”行政上の拘留”を言い渡されました。これは起訴や裁判なしに拘束されるということで、彼女の拘留が無制限に長期化されかねないことを意味します。この宣告の明らかに不当な処置と違法性に加えて、健康状態の難局のために彼女の拘留には広く行きわたった懸念があります。彼女は一連の発作と高血圧を患っていて、両方の健康状態から医薬品とモニタリングを必要とします。 
Khalida Jarrarは、すでにイスラエルの嫌がらせの対象でした、そして今月の彼女の逮捕は、パレスチナの最近の国際刑事裁判所(ICC)加盟に照らして、パレスチナ人の人権に対する彼女の事実上の弁護によるものと広く考えられています。彼女はパレスチナの人権組織Addameer(パレスチナ人囚人の権利を弁護する)の役員会の副会長で2006年にパレスチナの上院(立法府)に選ばれました。最近のハーアレツ紙の論説は、「悪意に満ちた報復の行政上の拘留」でJarrarは刑を持って処されたと主張しました。 
また、彼女の事情は、アムネスティ・インターナショナルや他の人権団体によっても取り上げられています。 
下記の一つまたは複数を行動することで、どうかKhalida Jarrarを支えてください。 
ACTIONS:
1)2分あるなら、Samidounのウェブサイトに行って、ネタニヤフ首相とEfroni准将に手紙を送付できます。
2)5分あるなら、Khalida Jarrarに手紙やポストカードが書けます。イスラエル当局はたいていパレスチナ人の囚人にメールへのアクセスを与えないとはいえ、あなたの手紙はKhalidaの看守どもに世界が見ていることを知らせます。(アメリカからイスラエルへの国際郵便の料金は1ドル15セント)
3)長期関与の一部として、パレスチナ人の権利を支持してBDS(ボイコット、剥奪、制裁運動)に加わってください。また、コードピンクのわくわくする効果的なボイコットキャンペーンも、どうかじっくり見てください。 
あなたの支援に感謝します。
CODEPINKのパレスチナ連帯チーム 
http://www.codepink.org/justice_for_palestine
http://samidoun.net/khalidajarrar/

0 Comments:

Post a Comment

<< Home