見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

May 23, 2015

カエターノとジルへ

親愛なるカエターノとジル、

あなた方の仕事や正義と自由と平等を求める苦闘に対して歴史的肩入れに感嘆して、私たちは7月28日に予定されるあなた方のテルアビブでのコンサートをキャンセルすることを懇願します。7月は、500人以上の子どもを含めイスラエルが2000人以上のパレスチナ人を殺害したことを通じてイスラエルのガザ攻撃1周年であるとします。この攻撃のせいで10万人以上がホームレスのまま取り残されます。

イスラエルでの公演は、イスラエルの違法な人種差別や植民地およびアパルトヘイト政策を承認する認証として目的に適います。イスラエル政府はイスラエルでのコンサートを政策支持のしるしとして描きます。イスラエルは組織的に国際法を犯します:パレスチナ人難民が彼らの生まれ故郷に帰還するのを妨げます、ユダヤ人を入植させヨルダン川西岸およびガザを占領します、イスラエルのパレスチナ人市民に対して組織的に冷遇します。そしてイスラエルの弾圧に直面するのはパレスチナ人だけではありません:イスラエルでの人種差別に抗議するために、最近、数千人のエチオピア人移民が容赦なく鎮圧されました。

私たちの要望は、イスラエルで公演しないことをアーティストに要求しているパレスチナ人アーティストや市民社会にそのまま繰り返されます。この要求に応えているアーティストには、ローリン・ヒル、ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズ、スヌープ・ドッグ、カルロス・サンタナ、コールド・プレイ、レニー・クラヴィッツ、エルビス・コステロが含まれます。

パレスチナのボイコット要求にとって重要な後ろ盾である南アフリカのノーベル賞受賞者デズモンド・ツツ大司教は、「差別的法律や人種上の排他性を据えた社会という南アフリカで国際的なアーティストが公演することは不適当であるとちょうど私たちがアパルトヘイトの中で言ったとおり」と、テルアビブでのコンサートがよくないことを説明しています。

この要求を無視しないでください。アパルトヘイトを支えることはTropicalia(トロピカル地方)向きではありません!

△次のマイルストーン(標石)に届くよう努めよう
5日前、あなたはこの請願に署名してくれた。署名数が1万2500人に届く助けになった。

https://www.change.org/p/caetano-veloso-gilberto-gil-cancelem-vosso-show-em-israel-cancel-your-concert-in-israel?tk=Q_UtlSOc2TtVHEkW2ZC3tXjtjlor2ywtRpH6xyE2o3Y&utm_source=supporter_signature_milestone_email&utm_medium=email&utm_campaign=supporter_signatures_12500

0 Comments:

Post a Comment

<< Home