見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 23, 2015

ハッピ バースデー、スノーデン

親愛なるヴァーモス、

6月21日、英雄的な告発者エドワード・スノーデンが32歳になりました。先週、コードピンクの共同創設者メディアとジョディがロンドンにいた間、二人はエドが誕生日に欲しがるものはなにかジュリアン・アサンジに尋ねました。ジュリアンの返事は、自由、パスポートの返却。

エドワード・スノーデンの誕生日に向けて行動を起こしましょう:彼のアメリカのパスポートを元どおりにするようにオバマに言ってください!

アメリカが彼のパスポートを取り消したときスノーデンは保護(亡命)を求めてモスクワ経由でラテンアメリカに行く途中でした、そしてロシアのSheremetyevo空港に彼を何週間も足止めさせたまま放置します。現在、彼はロシアを出ることができません。モスクワの首脳部は彼に3年間居住許可証を与えていますが、彼には海外に移動する手腕がありません。スノーデンが困難な立場に追い込まれていることはプーチンでさえ認めています!

エドワード・スノーデンの勇気がNSAのスパイ行為について暴露してくれたので、私たちはそれから脱するために取り組むことができました。NSAの力の及ぶ範囲を奪う最近の(十分に象徴的な)愛国者法3条項の終わりにもかかわらず、NSAの監視とデータ収集力は健在のままです。でも、スノーデンがいなければ私たちは市民的自由を取り戻すことに向かってどのような前進もしていなかったでしょう。

それで私たちが政府のスパイ行為について真実を知ることになる、彼が払った並外れた犠牲に対して感謝を示すためにコードピンクが作ったバースデータンブラーに世界中のいたるところの人々が貢献してくれています。

今ちょっと時間を費やしてスノーデンのパスポートを元どおりにするようにオバマに求めましょう!

いたるところの内部告発者を支持して、

Alli, Chelsea, Jamila, Janet, Jodie, Lia, Medea, Michelle, Nancy, Nancy, Tighe, and Sergei

http://www.codepink.org/obama_reinstate_snowdens_american_passport_now?utm_campaign=snowdenjune21_2&utm_medium=email&utm_source=codepink

0 Comments:

Post a Comment

<< Home