見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 12, 2015

指名手配中の牛

映画「The Wanted 18」:インティファーダ(パレスチナ住民の抵抗運動)牛についての映画をパレスチナ人監督がニューヨークで初上映するのをイスラエルが妨害する
デモクラシーナウ! 12 June 2015

例年のヒューマンライツウオッチ国際映画祭がここニューヨークで進行中です、しかし、映画祭を特徴づける監督のひとりは今週末の彼の映画のアメリカ初上映に出席することができません。それは、イスラエルが最近、監督のAmer Shomaliを「安全上の脅威」だと考えて彼がアメリカのビザを取るためにエルサレムに行くのを妨げたからです。そのあと彼はヨルダンのアンマンに行きました、そこでアメリカはビザを承認したものの、ビザの機械が壊れていると言いました。Shomaliは以前に何事もなく6つのヨーロッパの映画祭に出席しています、そして彼の映画は国際的な喝采を博しました。興味深いことには、映画「The Wanted 18(指名手配中の18頭)」は、危険で脅威を与えるとしてそのような抵抗運動に汚名を着せることにより、いかにイスラエルがどのようなパレスチナの非暴力的な抵抗のやり方も歴史的に徐々に蝕もうと試みてきたかについて説明し、イスラエル軍が18頭の牛狩りをした最初のパレスチナのインティファーダから驚くべき実話を再現しました。パレスチナの集団農場の18頭の牛の民営牛乳製品は「イスラエルの国家安全に対する脅威」と宣言されたのです。

(ラマッラにいるAmer Shomali監督とのやりとりが後に続きます。下記のウェブサイトをご覧下さい。)
http://www.democracynow.org/2015/6/12/the_wanted_18_us_israel_bar

0 Comments:

Post a Comment

<< Home