見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 04, 2015

メディアノミクス

◇ジャパン:政治、権力、マスコミ
アルジャジーラ 31 May 2015

リスニング・ポストが日本のお仲間(身内)ジャーナリズムの高まりと安倍晋三の”メディアノミクス”を調査する。


日本では”記者クラブ”として知られる記者団のクラブがマスメディア界を支配する。たいてい、ハイレベルの情報源や記者会見に接近する権利と引き替えに、政府当局が話すことを新聞に書く。

だが、日本の一部のジャーナリストは、彼らに政府の話に忠実に付き従って記事を書くように強いる昔から続いている報道機関に勇敢に立ち向かっている。昨年12月の抜き打ち選挙に納得がいくように勝利を得るにもかかわらず、アベノミクスとして知られる安倍晋三首相の経済政策は大成功にはなっていないし、国の原子力産業を再開させる彼の計画はまだ福島の大きな災難によって影を落とされたままだ。2015年1月、中東のISIL(イラクとレバントのイスラム国)と戦っている国々への非軍事的援助として安倍は2億ドルを与える約束をした。日本人の中には、ISILとの戦いで役割を演じる安倍の決意が日本の長年にわたる平和憲法をおびやかすと考える人もいる。

だが、日本のジャーナリストは、概して、彼らの政治指導者を当惑させたがらない。自己検閲は多くの国で問題であるが、日本ではそれ以上に組織的な自己検閲の領域に進む。

それで、安倍の中東政策の批判者(古賀茂明)が主流のニュース番組(テレビ朝日の報道ステーション)に生出演して、 "I am not Abe”と言い放ったとき、それは愛国的な物議を引き起こし、不適当な疾走の動きであることがわかった。

リスニングポスト(The Listening Post)のWill Yongが日本のジャーナリズムと安倍晋三の「メディアノミクス」について報じる。

日本人の気持ちは異なります(古賀茂明氏のコメントより)
「私は 'I am not Abe'と言いました。それは人質危機の問題だけではありませんでした。私たち日本人について間違ったイメージがまき散らされるのを私は心配していました。私たちが戦闘に貢献したかったとの考え。日本人はこんなふうには考えません。彼らは安倍とは異なる意見を所有します。」

http://www.aljazeera.com/programmes/listeningpost/2015/05/japan-politics-power-press-150531104643193.html

△アルジャジーラのウェブサイトから報道のヴィデオを見ることができます。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home