見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

May 29, 2015

ケネディ大使に届けよう

◇辺野古:破壊ではなくて対話を さあ、もうひと押ししてみよう!

7000人の署名とさらに1200人以上の印刷した個人のメッセージをじかにケネディ大使に届けました!次に、翁長知事が移設に反対して今週アメリカを訪問するとき、彼の立場を強化するために、署名し、みんなでシェアして、緊急に1万人に伸ばしましょう。

親愛なる友人のみなさん、

政府は普天間飛行場の辺野古への移設をはかどらせるようせっついており、工事を止めるようにとの沖縄県知事の要求を無視します。沖縄県民の80%がこれに反対します、そしてアメリカ大使が最大限の国民の抵抗力を耳にする手段を私たちが講じれば、破壊ではなくて対話を確実にさせるように、彼女に突きつけることができます。

建設を開始するために、そこにどさっと落とされた大きく重いコンクリートのブロックによって、辺野古の海の美しくて壊れやすい珊瑚はすでに損傷を受けています。続ければ、このジュゴンや他の貴重な生き物の生息地に取り消しえないダメージが加えられます。

沖縄が必要とするのは辺野古の工事の一時停止です、そして日本やアメリカ政府と直接向き合っての対話です。アメリカ大使キャロライン・ケネディはオバマ大統領に顔が利きます、もしそうなら、彼女に直接届ける大規模な要求で彼女を窮地に追い込めば、これらの会談を生じさせることができます。それならば署名してこの社会的運動を広くみんなでシェアしましょう。

https://secure.avaaz.org/en/no_base_relocation_to_henoko_rb/?bbCCaab&v=59167

普天間の近くに住んでる人々は、「最も危険な飛行場」の移設を長い間要求してきました。首都那覇に近い普天間は、騒音、公害、米兵によるセクハラでよく知られます。1996年に沖縄の基地領域特別実施委員会(Special Action Committee on Facilities and Areas)は普天間を閉鎖して代替として辺野古に基地を開設することで合意しました。

けれども、日本政府と沖縄とのあいだの交渉が停滞し、現在、地元市長と県知事の両方がこの移設にはっきり反対しています。沖縄タイムズ紙によって依頼された最近の調査が、沖縄県民全員のほぼ80%が辺野古基地の建設に反対することを示します。私たちは、日本の”南の楽園”を破壊に追い込むことに代わる、選択肢を求める意見を無視することはできません。

日本政府は、辺野古が唯一の代替地だったと言います。でも、大浦湾領域は数種の珊瑚を誇り、また辺野古湾の海中植物の一面の広がりは絶滅危機に瀕するジュゴンやウミガメの生息地として知られています。辺野古は、私たちが未来の世代のために保護する必要がある、海の「宝箱」です。

防衛省沖縄担当は最近、建設工事に向けた最初の一歩として辺野古湾に幾つかの巨大なコンクリートブロックを沈めました。彼らがさらなる破壊を行う前に、さあ一時停止を要求し、沖縄、日本、そしてアメリカ政府の三者全員を面と向かっての対話のために一つのテーブルに着かせましょう。今すぐ署名して世界に広めてください、Avaazが私たちの意見をケネディ大使にじかに届けます。

グレートバリアリーフからボルネオの熱帯雨林まで、利益のためだけの貴重な自然遺産の破壊を止めるために、私たちの社会は闘ってきました。そして私たちはそれに成功してきています。沖縄のもとの自然は、日本のためだけでなく、世界にとって宝物です。さあ、その場でこの文化遺産のために闘うすべての人々の付き添い役をつとめましょう。

希望と決意をもって、
Alex, Rosa, Luis, Oli, Ricken and the Avaaz team

△Avaaz.org は、世界の人々の考えや価値観がグローバルな意思決定を具体化することを確実にするために取り組む、4100万人の全世界にわたる社会的運動です。("Avaaz" とは、多くの言語で”声”または”歌”を意味します。)Avaazの仲間は世界のあらゆる国に住んでいます。私たちのチームは6大陸18カ国の全域に広がり、17カ国語を操ります。Avaaz最大の社会的運動についてはここ(http://www.avaaz.org/en/highlights.php/?footer)で知ってください、またはフェイスブック(https://www.facebook.com/Avaaz)か、ツイッター(https://twitter.com/Avaaz)でフォローしてください。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home