見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

July 01, 2015

ウォーホルの1ドル紙幣

◇記録的なサザビーズのオークションの夜、ウォーホルの1ドル紙幣が2090万ポンドで売れた

ウォーホル、ベーコン、フロイト、その他による美術品の売り上げが組み合わさって有名なオークション会社の現代美術として実に最も高い総額に達する

写真は、1962年に手で描かれたウォーホルの最初の1ドル紙幣の作品

http://www.theguardian.com/artanddesign/2015/jul/02/warhol-sothebys-one-dollar-bill-record-night-bacon?CMP=twt_gu

△サザビーズロンドンは来月1日、予想総落札価格が最大で2億460万ポンド(約391億円)にものぼる現代美術では過去最大級のオークションを開催すると発表した。

ロット数59の中で今回サザビーズが目玉としているのはフランシス・ベーコンとアンディ・ウォーホル。近年作品価値が上昇を続けるベーコンについて は「Study for Pope Ⅰ(ローマ教皇のための習作)」と、今年に入り欧州のプライベートコレクションから再発見された2つの自画像「Self-Portrait」 (1975)、「Three Studies for Self-Portrait」(1980)が出品される。

「Study for Pope Ⅰ」は推定落札価格2500万~3500万ポンドで、同作はベラスケスの「イノケンティウス10世の肖像」をもとに描かれた連作の中の一枚。2005年のオークションでは1000万ドルで落札され、当時としてはベーコンの最高額を記録した経緯がある。また2つの自画像については、それぞれ推定落札価格1000万~1500万ポンドがつけられている。

またもう一つの目玉であるアンディ・ウォーホルに関してはドル紙幣をモチーフにした作品群が出品される。中でも1ドル紙幣を模した「One Dollar Bill(Silver Certificate)」(1962)はウォーホル自身による手描きの作品であり、1300万~1800万ポンドという高値での落札が予想されている。

http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/50649/
さすが、ウォーホル、錬金術師!


0 Comments:

Post a Comment

<< Home