見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

July 08, 2015

US 警察が500人以上を殺害

◇アメリカで今年この時点で警察が500人以上を殺害
World Socialist Web Site 12 June 2015
by Tom Hall and Andre Damon

過去7日間だけで警官が20人を殺害し、全米の警察暴力の多発として今週、警察によって殺害される人の数が今年ここまで500人になった。


ニューヨークのクリントン更正施設から脱獄した2人の在監者を再逮捕する大がかりな犯人追跡を中心として、今週、新聞記事の見出しが治安強化のヒステリーをあおりたてる試みに支配されて、アメリカのメディアは広く犠牲者500人の重大時点を無視した。

警察の殺害のデータベースによると、今年500人目の死はフェニックスの郊外サンシティで家族によって要請される礼儀上の立ち寄りの間にマリコパ郡スワット隊の隊員が自殺したい衝動に駆られるRichard Warolf(69歳)を射殺した月曜の夜に生じた。

次の夜、アイオワ州デモインの警官が2分の低速追跡の後、彼女のパトカーの窓から武器を持たないライアン・ボリンガー(28歳)を撃ち殺した。

月曜以降、警官によって殺害された他の9人には、フロリダのMatthew Wayne McDaniel(35歳)、カリフォルニアのRene Garcia(30歳)、テーザー銃で殺害されたニューヨークのMario Ocasio(51歳)、オハイオのJeremy John Linhart(30歳)、テーザー銃で殺害されたダラスのRoss Anthony(25歳)、ヒューストンの無名の自殺衝動に駆られる男性(45歳)、シンシナティのQuanDavier Hicks(22歳)、ニューヨークのIsiah Hampton(19歳)、警官に5発撃たれたマイアミの無名のホームレス、フロリダ・ポンパノビーチのCharles Allen Ziegler(40歳)が含まれる。

それに対し、司法制度は人殺し警官を起訴からかばい続ける。木曜、カヤホガ郡の検察官Tim McGintyは、昨年オハイオ州クリーブランドのタミール・ライス狙撃に関与した警官はもしかすると罪を問えることがわかったとの地方判事の勧告裁定を却下した。

めったに使われないオハイオ州法の下で裁定するクリーブランドのRonald Adrine判事は、公園でおもちゃの銃で遊んでいたライスを狙撃し、そのあと医師の応対処置の提供を怠ったことで、警官Timothy LoehmannとそのパートナーのFrank Garmbackを謀殺と不注意な殺人の罪で告発するのにまず確実な根拠が存在したと裁定した。

起訴する代わりにMcGintyは警官を起訴するかどうか検討するのに秘密主義の大陪審手続きを使うとの彼の意向を再び断言した、昨年ミズーリー州ファーガソンでマイケル・ブラウンを、そしてスタッテンアイランドでエリック・ガーナーを殺害した警官の容疑を晴らした、結果を不正に操作する大陪審手続きに類似した結果を確実にしたいものであるのはむろんだ。

火曜日、イギリスの新聞ガーディアンがアメリカの警察の人殺しに関する独自のデータベースを公表して他のどんな類似したデータベースより詳細な検分を提供した。ガーディアン紙は、アメリカの警察が2015年の最初の24日間にイギリスやアイルランドの警察が過去24年間に経験するより多くの人々を殺害したことを調査で見つけた。そしてアメリカの警察が、ドイツの警察が丸々一年で殺害するより多くの人々を毎週殺害することを見つけた。

またガーディアン紙は、人口540万のフィンランドの警察が2013年全体で発射したよりも多くの弾丸を、人口6万7599のワシントン州パスコの警察が武器を持たないひとりの容疑者Antonio Zambrano-Montesに向かって発射したことを見つけた。

ガーディアン紙の数字(別の独立したデータベース、killedbypolice.netのデーターとぴたりと一致する)は、さらにまた地元警察署による任意の報告に基づくアメリカ政府の公式の数字が警察暴力の犠牲者を法外に実際より少なく数えるという証拠までも提供する。今年3月の司法統計局による調査が、連邦の統計は警察狙撃の実数をおよそ2.5回ずつ少なく数えたことを見つけ出した。

長年の市民権擁護団体からの要請にもかかわらず、警察の殺人の全国的なデータベースを構築すること、または任意の基盤の他にもなんであれ彼らの手に掛かる死を報告するように地元警察署に要請することに対してオバマ政権は反対を維持してきている。

ワシントンポスト紙とボウリング・グリーン州立大学による4月の調査によると、過去10年を支配する何千もの警察の殺人にもかかわらず、起訴されたのはわずか54人の警察官だけ。特に憎むべきな犯罪を犯す明白なビデオ証拠が存在しないかぎり、ほとんどいかなる時にでも警察は起訴されないことをこれらの事例の再検討が示す。

月曜にウォルター・スコットの謀殺で起訴されたサウスカロライナの元警官マイケル・スラガーの場合は、そのような通常のルールを証明する例外だった。警官は最初のうちは狙撃を隠蔽しようと試みたが、スコットが逃げようとしたときスラガーがスコットの背中を撃ったあと、嫌疑がかかるようにスコットの死体に武器をこっそり仕込んだことを示す傍観者が撮ったフィルムが出てきたあと、その作り話を変えることを余儀なくされた。

とにかく、故意の殺人罪のクリーブランド警官マイケル・ブレロの先月の無罪放免によって示されるように、関与した警官による不正の抗しがたい証拠があるスラガーのような場合にも有罪判決の保証は何一つない。直射で達する風防ガラスを貫通した15発を入れる49発の弾丸をブレロが停止する車両の武器を持たない乗客に発砲した事実にもかかわらず、その場合は「形勢は被告マイケル・ブレロが故意に死を引き起こしたとのそこそこの疑いの他は立証されなかった」と判事は裁定した。

殺人警官の組織的擁護のための行動は、政府のあらゆるレベルからホワイトハウスまでに及ぶ。昨年秋に全体的な抗議を誘発したマイケル・ブラウン殺害の最も悪名高いダレン・ウィルソンを含み、オバマ政権は市民権侵害でひとりの警官も起訴してきていない。

クリーブランドからファーガソンそしてボルチモアまで、都会で後に続く組織的暴力と腐敗の繰り返される有罪を証明する報告の発表にもかかわらず、オバマ政権は、どのような警官や当局者も刑事上説明する責任があると考えられる残忍性の「パターンと実践」に責任があると法律上の請求をすることを断固として拒否した。ワシントンポスト紙による最近の調査によれば、オバマ司法省は、警官の残虐行為に関与する最高裁の訴訟事件でことごとく警官の側を支持することになった。

http://www.wsws.org/en/articles/2015/06/12/poli-j12.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home