見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 28, 2015

バンクシーのDismaland

◇バンクシーの(惨憺たる)Dismalandの喜びの骨頂
ガーディアン紙 by Peter Bradshaw

ストリートアーティスト、バンクシーが考案するDismalandと題するこれまでにないアンチ・ディズニーのインスタレーションに人が群がっている。
(4時間待ちの人の列、それでも「待った甲斐があった」との反応。)
それはものすごく人を動かさずにはおかないようだ:特に、伝えられるところでは、あらゆる情報の求めにむっつり肩をすくめること、または”ぼんくら”ジェスチャーで応じると要約されるミッキーマウスの耳付の案内係。
最高のアトラクションはデヴィッド・シュリグリー(David Shrigley:1968年生まれ、活動拠点はグラスゴー。blurの「good song」や2012velvet&nicoのジャケやMOMAユニクロTシャツで知られる)によって編み出された。
彼はKnock the Anvilという屋外サーカスを催す場所タイプのゲームを発明した。テニスボールをそれに向けて投げることでアンビル(金床)を幅が広くてがんじょうな台座から打ち落とそうとする。賞品はアンビル。私がこれに少し取り憑かれている別の理由は、ばかもうかるハリウッド超大作について軽蔑的な批評を書く映画批評家を象徴する人をとらえて放さないメタファーであることだ。私たちは時々、最新のさんざんな容赦ない批評が本当にアンビルをぐらつかせるかのようにふるまう。

http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/aug/28/joy-dismaland-mickey-mouse-david-shrigley?CMP=twt_gu
△バンクシー(Banksy)によるテーマパーク「Dismaland」のトレイラー映像が公開された。
イギリスのウェストン・スーパー・メアで9月27日まで(3週間)オープンしているDismaland。バンクシーをはじめ、ダミアン・ハースト、デヴィッド・シュリグリー、ジェニー・ホルツァー、ジミー・コーティ(The KLF)、ジュリー・バーチルなど50組以上の作家が参加しているほか、Run the Jewels、The Savages、Pussy Riot、Massive Attackらによるライブパフォーマンスも予定されている。

上の写真はこちらから↓
http://www.thisiscolossal.com/2015/08/dismaland/


0 Comments:

Post a Comment

<< Home