見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 07, 2015

ISIS戦闘員に見せかけて戦う

◇"ISIS反乱軍に見せかけて”イギリス特殊部隊SASがシリアでアサドと戦っている
ICH 05 August 2015 by Stephen Lendman

8月2日、「秘密に行われるジハード戦士との戦争でISIS戦闘員に見せかける特殊部隊SAS」の見出しで取り上げるイギリスのサンデー・エクスプレス紙が以下のように言っている:

ISISと戦うとの名目でシリアの攻撃対象を攻撃するオペレーション・シェイダー(Operation Shader)と呼ばれる作戦に従事している“精鋭連隊に属している120名以上の隊員が、現在、戦争で引き裂かれた国で密かに”黒い服装をしてISISの旗をなびかせている”。
 
ことによると内密のアメリカ特殊部隊とCIA構成分子が同じやり方で参加している。オバマのリビア戦争の間、英国は、SAS(特殊空挺部隊)やSBS(特殊海軍部隊)の人員から引き入れる何百人ものSFSG(特殊部隊支援グループ)の落下傘部隊を展開した。

命じられるときはいつでも、およそ800名の英国海兵隊と4000名のアメリカ海兵隊が急に介入するために待機していた。

2013年8月の議会否決にもかかわらず、デイヴィッド・キャメロン首相が昨年、シリア爆撃において英国軍用機がアメリカに加わるのを承認したことを知って2週間後にこの最新の意外な事実が現れる。

少なくとも、目下の隠れた地上作戦の一部分はアメリカの指揮下、攻撃する対象の領域を探査するためにミニUAVsを発射できるピックアップトラックで移動するいわゆる”スマッシュ”部隊にある。

250名以上のイギリス(そしておそらくアメリカ)の特殊技術を持つ兵が後方連絡線(兵站組織)を提供するために掛かり合うとサンデー・エクスプレスは説明した。

イギリスのマイケル・ファロン国防長官は、「我々の行動と監視能力は他国がシリアで戦闘をすることを自由にしている」と言った。イギリスのSAS軍勢は同じことをしているアメリカの工作員と一緒に、トルコ、ヨルダン、カタール、ことによるとイスラエル内を含め、サウジアラビアで反アサドのテロリストを訓練している。

英米は訓練することで、いわゆる”穏健”な反乱軍が、現在、密かなゲリラ隊に加えて英米とカナダの上空援護と一緒にアサドと戦うために訓練され活動準備を整えられ海外で資金供給され国境を越えてシリア一箇所に集められるテロリストのISISと一緒にじかに働く口実の煙幕を映しだすと主張する。

エクスプレス紙は、シリアにおけるイギリスの作戦の一部として元英国陸軍大将デイヴィッド・リチャードの言ったこと「戦車は進む」を引用した。

別の記事は、アサドに対抗するアメリカの歩兵として役に立っているテロリストISISをアメリカの空爆が防衛すると述べた。

彼らが(存在しない)アメリカが支援する”穏健”な反乱軍を攻撃するならばオバマはシリア軍への空爆を認可すると偽って言うことは、どれほど不吉にリビア戦争2.0の前兆のように見えることかとウォールストリートジャーナル紙は報じた。

単独にトルコのマスコミは、プーチンがアサドに対して軟化しているかもしれないとエルドアン大統領が言っているのを報じた。彼は断念しているかもしれないと。プーチン氏が(6月下旬)アサドに電話して、シリアについて話し合う義務を起こした事実に励まされるとオバマは述べた。

「アサド政権はシリア領土内の土地の大部分を統制できなくなっており、ジハード戦士が乗っ取るかまたはシリア政権の総崩れの見通しは切迫してないが日ごとに脅威は大きくなるとの感触を彼らが持つと私は考える。そのことが、私たちに彼らと真剣な会話を持つ機会を提供する」とプーチンの報道官Dmitry Peskovはテロと戦うことを検討する両方の先導者、特にIS(イスラム国)の先導者に述べた。

「ロシアの見解はよく知られている」と彼は説明した。「オバマとの会話の中でプーチンによって繰り返し言われた。」それは変わっていないと。

プーチンは他国の国内事情についてどんな国によってでも外部の干渉に反対する。シリア人や他の国民が彼ら自身の指導者や議員を選ぶ自主権をプーチンは支持する。

「シリアの現指導者はISに立ち向かう事実上の応戦態勢にある軍隊のひとつである」とプーチンの側近Yury Ushakovは述べた。

アサドに対するロシアの支持を示すも同然だ。

△Stephen Lendman:
シカゴ在住。ウェブサイト(lendmanstephen@sbcglobal.net)で彼と連絡を取ることができる。彼が編集、寄稿する新刊は「Flashpoint in Ukraine: US Drive for Hegemony Risks WW III.(ウクライナの一触即発状況:アメリカは覇権のために第三次世界大戦の危険覚悟でせっせと働く)」というタイトル(http://www.claritypress.com/LendmanIII.html)。
ブログはこちら(sjlendman.blogspot.com)。Progressive Radio Network(進歩的なラジオ局)の進歩的なラジオニュースアワーで、著名なゲストとの最先端の議論を聴くように。放送は週三回:日曜午後1時(中部標準時)の生放送に加えてあらかじめ録音してあるアーカイヴされた二度の番組。

http://www.express.co.uk/news/uk/595439/SAS-ISIS-fighter-Jihadis

0 Comments:

Post a Comment

<< Home