見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 04, 2015

"ずんぐりした頭の犬"禁止

写真:この100人の人たちはアメリカの黒人の金を全部あわせたより大金持ち

◇火事の間、負傷して倒れた飼い主のかたわらにいたピット・ブルが町から追い出されるめにあっている
ハフィントンポスト紙
“これがアメリカであってはなりません”

彼らの家が火事で燃えている間、負傷した飼い主のかたわらにいたピット・ブル(メス)が現在、家を失っています。火事のためではなく、ピット・ブルが郡に住むのを禁じる法律のためにです。

(12月)2日水曜早くに起こった火事は、メリーランド州ランドオーバーヒルズの家でした。長年にわたりあしざまに言われる、”ずんぐりした頭の犬禁止令”があるプリンス・ジョージ郡にそれはあります。

犬をどかせば、もしかして飼い主が燃えている家から救われるために犬に向かって消火器が投げられた後も犬は静かなままだったと消防士がNBC系列の地元の局に話しました。

ラット・テリアとピット・ブルの子犬といっしょに動物取締りによって運び出されるまで、その犬は外でずっとそばにくっついて放れませんでした。

二人(名前が明らかにされていない女性とその父親)がけがをしました。NBCによると、両者は回復するものと思われます。

しかしながら、プリンス・ジョージ郡の飼育禁止令のため、二匹のピット・ブルは「郡外に出されないといけない」とプリンス・ジョージ郡動物部門便宜協会の管理者ロドニー・テイラーはハフィントン・ポスト紙に告げました。

別名、その種特有の法律(BSL)として知られるピット・ブル禁止令は、アメリカ獣医医学会、アメリカ法曹協会、アメリカ動物愛護協会、疾病管理予防センターやホワイトハウスによって非難されてきました。

通常、市または郡のレベルで法律にされるこれらの禁止令は、家族にとって不適当、市民的自由にとって問題を含む、そして公共の安全度を高めることなしに法律を守らせるには高すぎるとして非難されます。

従って正当な理由でBSLは終わりに近づいています。1月にユタ州はある場所がその種特有の法律(BSL)を制定するまたは守らせることを禁ずる19番目の州になりました。国のあちこちの都市もまた、ピット・ブル条例を廃止してきています。ごく最近はカンザス州のサウスハッチンソン、オハイオ州のヤングスタウンです。

5月にさかのぼって、家庭内暴力から飼い主を救うためだとされる犬がその後、町から追放されたあと、世間の抗議の結果としてミシガン州ヘイゼルパークはピット・ブル禁止令を取り除きました。

なお、犬弁護コミュニティの者たちはこの家族のとんでもない損失がプリンス・ジョージ郡のピット・ブル禁止令の終焉に拍車をかけることを期待するとメリーランド犬連盟の専務取締役エイドリアン・レフコウイッツはハフィントンポスト紙に話しました。

「この犬たちが愛し愛される人々のもとに戻れないので、この家族のために私たちは胸の張り裂ける思いをさせられます。アメリカであってはならないこと」と、彼女は言いました。

最新版:郡外のその種特有の法律(BSL)のないエリアで、犬たちは家族といっしょに暮らすことになるとプリンス・ジョージ郡広報官がハフィントンポスト紙に話す。

http://www.huffingtonpost.com/entry/pit-bull-injured-owner-fire_565f41e0e4b079b2818cdd5f?cps=gravity_2426_2247834497559899241

0 Comments:

Post a Comment

<< Home