見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 22, 2017

ボイコットには重い意味がある

◇ファッションブランド「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」に対する風当たりが強い。

理由の1つはD&Gのデザイナー、ステファノ・ガッバーナ氏がトランプ大統領の妻メラニア氏と親密な関係を築いていることだ。

多くのファッションブランドが、女性蔑視発言や移民規制を進めるトランプ大統領、そしてその妻であるメラニア氏と距離を置こうとしているのとは反対に、ガッバーナ氏はメラニア氏や娘のイヴァンカ氏が同ブランドの服を着る写真を投稿し続けている。2015年にゲイの養子縁組に反対したことも批判を呼んだ。

6月17日にミラノで開かれた同ブランドのショーに参加したアメリカ人ミュージシャンのロウリーが、暴挙ともいえる驚きの行動をとったのだ。

ロウリーはショーのランウェイを歩く途中、突然服を脱いだ。その上半身に書かれていたのは「PROTEST D&G」「GIVE ME FREEDOM」「I AM NOT YOUR SCAPEGOAT(ボクはあなた方の身代わりにならない)」というメッセージだ。

Instagramのキャプションに、ロウリーはこう綴っている。

「これほど孤独だと感じたことも、これほどたまげたと感じたこともない、まだそのうえにこれほど生き生きしていると感じたこともない… 人々が意味を了解しているのを実感した時、自分が泣いているのがわかった、もうボクはただ秘密に叫んでいるのではない… もし君がこの業界で働いているなら、神がいること、そして神が善人を守ることを思い出してくれ… 確かに緊密に協力したとき効果をもたらす。ボクが正直に生きているのがわかる今日以後からボクの気持ちに従う… たとえそれがボクの破滅を意味しようとも、それはそれとして。」
I never felt so alone, so terrified, yet so alive... Found myself in tears when I realized the people understood, and I'm not just screaming in the dark anymore ... if ur in this industry remember that there is a god, and god protects the good... so do the work when aligned to. following my heart from this day forth knowing that I am living truth... If it ever means my end so be it. (GQ story in Bio)

なぜ、ランウェイで抗議するという無謀な行動を取ったのか。ロウリーはショーの後、ファッション誌「GQ」のインタビューで、一人の反乱に至った経緯や気持ちを語っている。

ロウリーが、D&Gのメラニア氏支持や「ボイコット」キャンペーンを知ったのは、ショーの前日だったという。トランプ氏反対の立場をとるロウリーは、ランウェイを歩くかどうか迷ったそうだ。

「僕はクー・クラックス・クラン(白人至上主義団体)が生まれたジョージア州のストーンマウンテン出身だ。その僕からしたら、ドルチェ&ガッバーナのボイコットキャンペーンは偽物にしか感じられなかったんだ。もしボイコットが起きなかったら……ローザ・パークスやマーティン・ルーサー・キング牧師が立ち上がらなかったら、自分は存在しなかったかもしれない。それくらい、ボイコットっていうのは重い意味があってリアルなんだ。でもドルチェのキャンペーンはそうじゃない」と、ロウリーは語っている。

ショーに出る契約書にサインしたとはいえ、トランプ氏を支持するD&Gを認めるようなことはしたくない。それを伝えるために思い切った行動をとることにしたという。

ショーの直前にロウリーの計画を知った友人たちに「でかい企業を相手にするのは、自分のためにならないから止めた方がいい」と反対されたが、それでもロウリーはランウェイで、D&Gを批判した。

「僕はトランプは支持していない。だから迷った。だけど、トランプを支持していないってことを伝えなきゃいけない。声をあげようとしている人たちを軽くみるD&Gをサポートしてないってことを伝えなきゃいけない。」

反トランプで知られる歌手のマイリー・サイラスも、D&Gに批判的な立場をとっている。サイラスはD&Gのショー翌日に「D&G、私はあなたの政治的な立場に反対。だけど、若いアーティストや彼らが輝く場所を作ろうとしていることは支持します」というメッセージをInstagramに投稿した。

それに対し、ガッバーナ氏は「私たちはイタリア人で、政治なんか気にしない。アメリカの政治もそうだ。私たちの仕事はドレスをつくること。政治的な批判をしたいんだとしたら、君は無知だね」と反論した。

GQのインタビューで、デザイナーやファッションは政治的なメッセージをするべきかどうかを聞かれたロウリーはこう答えている。

「ファッション、音楽、映画、アート、人々、建設作業員、人間。全ての仕事は政治と関係がある。それが人生だ。自分は何者かメッセージを発しなきゃいけない」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/22/raury-protested-dolce-gabbana_n_17251476.html?ncid=engmodushpmg00000004


◇彼にカネを支払って歩かせたファッションブランドに抗議するためにランウェイのまっ最中に身につけていたフーディを手荒く脱いだ理由について、アトランタのミュージシャンがGQのみに語る。

6月17日土曜日、ミラノのメンズファッションウィークでのドルチェ&ガッパーナの2018春夏ショーの間に最も待望していることが起きた:
アトランタ生まれのヒッピー・ソウルシンガー、ロウリーが、ミレニアムという特定のテーマでまとめられるD&G(ドルチェ&ガッパーナ)のファッションショーで歩いた、そして次にまさしく終わりでごろつきの動作に出た。

続けて第2シーズンにイタリアの会社はランウェイにて彼らの服を着るのにソーシャルメディアを動かす若者を引き入れた。ゲイの親子関係に関するドルチェの声明前後、論争に対処したD&Gはアメリカのファーストレディ、メラニア・トランプに盛んに衣装をあてがったせいで最近火がついていた。批判に対するリアクションでデザイン2人組はレーベルのソーシャルチャンネルの全域で “Boycott Dolce & Gabbana” をコピーしたからかい半分のメタ・キャンペーンを開始した。スローガンがついているTシャツ(これを245ドル:約2万7000円で販売)に加えて、彼らはドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッパーナと一緒にうれしそうにドルチェ&ガッパーナに“異議を申し立てる”何人かの子どもを目玉として登場させるコマーシャルを制作した。「皮肉ですよ!ジョーク!この頃、人々は非常に簡単に容易に取れない激しいことばを使う」とショーの前にドルチェがヴォーグ誌に語ったという事実。

ロウリーは、フィナーレを歩いた後、胸に「PROTEST DG」「 GIVE ME FREEDOM」「I AM NOT YOUR SCAPEGOAT」となぐり書きしたことばを見せるため、D&Gのボマー&フーディを脱いだ。彼は写真の残りのモデルに加わらないで、ランウェイを去った直後に姿を消した。土曜の夜(翌朝早くにイタリーを離れる前)、わたしはなぜ彼がランウェイからキャンペーンに抗議することを選んだかについて理解するため彼と話をした。そして21歳の目を通して簡単にファッションやセレブの世界を検分する。

http://www.gq.com/story/raury-protest-dolce-gabbana-milan-fashion-week


△ロンドンのD&Gで抗議デモが発生、マドンナも苦言を呈す
March 20th, 2015

ロンドン現地時間3月19日、ドルチェ&ガッバーナのロンドン店にて、LGBT団体による抗議デモが発生した。

ロンドン店舗前では約100人以上の活動家が参加。「家族は愛で作られている」「ホモフォビアはファッショナブルではない」といったプラカードを掲げ、「D&Gは謝罪しろ!」と抗議している。

世界中から論争を巻き起こしているドルチェ&ガッバーナ。

彼らは同性カップルと体外受精で産まれた子供に対して、「唯一の家族というものは血のつながった伝統的なものだけ。」「体外受精児は人工的(偽物)な子供」等とインタビューで発言。SNSを通じ大炎上している。

彼らの発言の余波はすさまじく、LGBT&LGBTフレンドリーなセレブたちから大バッシングを受けている。

また、過去にD&Gの広告を務めたマドンナも、自身のインスタグラムで苦言を呈した。

「全ての赤ちゃんには魂があるわ。人工的な魂なんてないのよ!」「あなたたちは発言する前にもっと考えてしゃべって」と、以前D&Gのキャンペーンで起用された自身の写真と共に投稿した。

また、今回の件でドルチェ&ガッバーナは、「あくまでも私たちの見解を述べただけ」と表現の自由を主張しており、本人たちから謝罪の言葉は発表されていない。

今後も加速するであろう、世界的なD&Gのボイコット・抗議運動に注目していきたい。

http://genxy-net.com/post_theme04/lgbt201503202/


△脱税騒動、抗議の閉店=伊ドルチェ&ガッバーナ

カイロ時事:イタリアの高級ファッションブランド「ドルチェ&ガッバーナ」は2013年7月19日、経営者のドメニコ・ドルチェ、ステファノ・ガッバーナ両氏が脱税で有罪判決を受け社会的に侮辱されたとして、本拠地ミラノの全9店舗をこの日から3日間閉店することを決めた。ANSA通信が伝えた。

地元紙は18日、「脱税した連中はミラノの主要産業であるファッション業界を代表すべきではない」と批判する市議の発言を掲載。これにガッバーナ氏はツイッターで「お前、最低だな」と激しく反発。シャッターの降りた店舗には「侮辱を受けたため閉店します」と抗議する紙が貼られた。
ドルチェ、ガッバーナ両氏は6月、ルクセンブルクにダミー会社を設立して約2億ユーロ(約260億円)を脱税した罪で、ともに禁錮1年8カ月と罰金支払いを命じられた。両氏は直ちに上訴しており、刑は確定していない。
(時事通信社より)

△降ろされたシャッターには、ドルチェ&ガッバーナの顧客に外国人がいることを考慮し、様々な言語で「憤慨の印」と書かれた紙が貼られた。
約1ヶ月前、ミラノ地裁はドルチェ氏とガッバーナ氏に対し脱税の罪で有罪判決を下し、1年8ヶ月の禁固刑と罰金およそ 50万ユーロの支払いを命じたが、弁護側は上訴した。ドルチェ氏とガッバーナ氏は無罪を主張している。(2013年7月20日)

https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/news/2013_07_20/118255142/


0 Comments:

Post a Comment

<< Home