見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

January 29, 2018

ノルウェーの歴史に残る票決

ノルウェー議会が票決によりドラッグを処罰の対象から外すことを認めた、そしてポルトガルの成功を引き合いにだす。目標:「あがき苦しむ人々を刑を持って処するのをやめて、代わりに彼らに治療と処置をさせる。」麻薬をやっているとして中毒者を刑務所に入れることは不道徳で愚か、破壊主義的である。

◇歴史に残る票決でノルウェーがドラッグを処罰の対象から外す最初の北欧の国になる

2017年にドラッグの関連死で266人が亡くなったことをノルウェーの薬物報告書が示す

刑罰よりもむしろ治療や処置に焦点をあわせるとしてノルウェーがドラッグを処罰の対象から外す最初の北欧の国になる。

ノルウェー議会の多数党、the Stortingは保守党(Hoyre)、自由党(Venstre)、労働党(Ap)、社会主義左派(SV)によって支持される歴史的な転換を支持した。

彼らは中央政府に薬物(麻薬)に関する方針を改正するように指示した。ノルウェー国会厚生委員会の副委員長Sveinung Stenslandはノルウェーの出版物VGに次のように話した:「カンナビス(大麻)と他のドラッグを合法化するのではなく、処罰の対象から外すことを際立たせることが重要です。」
「変化にはかなり時間がかかる、改められたとらえ方ということになる:麻薬濫用の問題を有する人々は、たとえば罰金や投獄といった伝統的な制裁を必要とする犯罪者としてではなく病気として扱われるべきである。」

社会主義左派党の厚生スポークスマンNicolas Wilkinsonは、議会の目標は「あがき苦しむ人々を処罰するのをやめて代わりに彼らに治療と処置を与える」ことだとVGに話した。ねらいは、薬物政策に対する責任を司法制度から厚生制度へ鞍替えすることだと彼は付け加えた。

この動きはベルゲン市とオスロ市において保護刑罰を麻薬中毒者用の治療プログラムと交換する司法制御(ND)計画を薬物計画のあとに付け加える。

“刑務所拘留に代わる選択肢”として発表された2006年に開始された計画は昨年ノルウェーのすべての法廷に波動してロールアウトされた。

法務相Anders Anundsenは以前に次のように言った:「目標はより多くの中毒者が薬物依存を脱却して少数の人が犯罪に服することである。」
「しかしプログラムの条件が踏みにじられるならば、有罪の判決を受けた者は普通の懲役に服さなければなりません。」

今年公表されたノルウェーの薬物報告書は2014年に(入手できる最新の数字)266人が薬物関連死で亡くなったことを示す。この数はドラッグに最も一般に含まれるオピオイドで前年から増加を示した。

ノルウェーの厚生委員会は2月にポルトガルへの短い旅行を計画している。ポルトガルは2001年に個人のドラッグ所持を処罰の対象から外した。ヘロインの流行病とEUで最も高いドラッグ関連のエイズ死のあとに同国は行動をとった。現在、ポルトガルはEUで2番目に低いドラッグ関連死を示す。

ノルウェーは、例えばポルトガルやオランダ、ウルグアイといった国々、またドラッグ法を寛大にしたカリフォルニアやコロラドを含むアメリカの特定の州の仲間に加わることができた。

http://www.independent.co.uk/news/health/norway-parliament-drugs-decriminalise-recreational-cocaine-heroin-marijuana-a8111761.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home