見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

2018/09/23

ハイにならないカンナビス飲料

アメリカで進展する娯楽(気晴らし)目的のカンナビス(大麻)合法化は巨大な合法大麻産業を生み出したが、カナダのトルドー首相によるカンナビス全面合法化によっていっそう大きな一歩を踏み出すことになった。

誰もが知るコカ・コーラ社がカナダでカンナビスを生産するオーロラ・カンナビス社と大麻入り飲料の販売に関する交渉を行っているとブルームバーグが報じている。

現在アメリカでは連邦法での大麻非犯罪化の動きが巻き起こっており、今年初めの研究報告では、全米で大麻が完全に合法化された場合、2025年までに14兆6000億円の税収と110万人の雇用がもたらされるとされている。

△米コカ・コーラ、大麻入り飲料参入か=カナダ企業と共同開発へ
時事通信社 18 Sep 2018
カナダの放送局BNNブルームバーグは17日、米清涼飲料大手コカ・コーラが、大麻成分の入った飲料分野への参入を検討していると伝えた。大麻を生産するカナダ企業オーロラ・カンナビスと共同開発に向けて協議しているという。
BNNによると、両社は炎症や痛み、けいれんなどの症状緩和を目的とした大麻成分入り飲料を開発する見通し。
報道を受けてコカ・コーラは声明で「現時点では何も決まっていない」と述べた。一方で「多くの飲料業界他社と同様に、機能性飲料の成分として精神作用のないCBD(カンナビジオール=大麻に含まれる化学物質)の世界での広がりに注目している」とコメントした。 

◇コカ・コーラはカンナビス市場を物欲しそうにじっと見ている
ブルームバーグ 17 Sep 2018

コカ・コーラ社がカンナビス(大麻)飲料市場をじっと見ていると言ったあとオーロラ・カンナビス社はマリファナ株をいっそう高くリードし、旧来のセールスが減速している時、押し寄せるマリファナ製品の需要をうまく利用する最新の飲料会社になった。

コカ・コーラは発生期の産業をモニタリングしており、CBDを注入する飲料に興味があると言う。CBDは痛みを緩和してもハイにはさせないマリファナの中の精神に影響を及ぼさない成分カンナビジオールのこと。BNNブルームバーグTVの報道によると、アトランタに拠点を置く清涼飲料メーカーは飲料を開発するためにカナダのマリファナ生産者オーロラ・カンナビスと交渉中だ。

「世界中の機能的な健康飲料に入ってくる成分として精神に影響を及ぼさないCBDの成長をわたしたちはしっかりと見守っている」とコカ・コーラのスポークスマン、ケント・ランダーズはブルームバーグ・ニュースにEメールで送る声明で述べた。「その宇宙空間は急いで進化している。現時点ではなにも決まっていない。」ランダーズはオーロラについてコメントを辞退した。

このニュースでオーロラの株は急騰し、月曜ニューヨークで23%高の8ドルまで跳ね上がった。 コカ・コーラの関心に応じて9.4%増のTilray社と共に、カンナビス産業の他の株は後押しを得て上昇した。

旧来のビジネスが減速する間、飲料メーカーが今注目されている成分としてカンナビスを加えようと試みているとき、コークの可能性のあるマリファナ分野への進出が出てくる。先月コロナ・ビール醸造会社、Constellation Brands Inc.は130億カナダドル(100億ドル相当)を上回る価値を有するカナダのマリファナ生産者、Canopy Growth Corp.にある利害関係を増すために38億ドルを費やすと発表した。

モルソン・クアーズ醸造会社はカナダでカンナビス飲料を開発するために、以前はHydropothecary Corp.として知られるケベック州のHexo’s Corp.とジョイントベンチャー(合弁企業)を始めている。ギネスビールのメーカー、Diageo PLCは可能性のある取引について少なくともカナダのカンナビス生産者3社と討議を開いていると先月BNNブルームバーグが報じた。ハイネケンNVのクラフトビールを醸造するブランドLagunitasは、マリファナの活性成分THCを注入したノンアルコール飲料に限定したブランドを始めている。

ソーダの消費が下落し続けているとしてコカ・コーラはすでに多角化してきている。コークやスプライトからパワーエイドにわたっている象徴的なブランドを有する会社は8月にコスタ・コーヒーを51億ドルで取得すると発表した。そしてジュースや紅茶、ミネラルウォーターを含む他の製品に拡張してきている。

BNNブルームバーグ報道によると、オーロラとの討議は炎症や痛み、けいれんを軽くするCBDを注入する飲料に集中する。CBDまたはカンナビジオールは、たいてい医療目的に使われるマリファナ植物の化学物質(麻薬)でTHCまたはテトラヒドロカンナビノール(インド大麻に含まれるマリファナの主成分)から生まれるハイの状態(高揚)を引き起こさない。報道によると、オーロラとコカ・コーラの間にどのような取引の保証もない。

アメリカ一国レベルでマリファナは違法のままであるとはいえ、慢性的な痛みから不安やてんかんにわたっている病気を治療するためマリファナから得られるCBDの使用に増大する承認がある。6月、GW医薬有限会社によるてんかん治療に正式許可が出されたあと、マリファナ植物から得られる前例のない治療はすみやかにアメリカ市場に達する。

オーロラは市場価値87億カナダドルを有するカナダ第3のマリファナ会社だ。10月17日にカンナビスを合法化する最初の主要7カ国(G7)になるためカナダがシフトアップするとき、カナダ西部アルバータ州エドモントンに拠点を置く会社はカナダの他のマリファナ株といっしょに急上昇した。BI Canada Cannabis Competitive Peers Index(BIカナダ・カンナビス競争同等者インデックス)は株が過大評価されるとの懸念で2018年に24%下落したが、過去12カ月で2倍以上になった。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-09-17/coca-cola-eyes-cannabis-market-in-push-beyond-sluggish-sodas?utm_source=twitter&utm_content=tictoc&utm_medium=social&utm_campaign=socialflow-organic&cmpid%3D=socialflow-twitter-tictoc

△カナダ、娯楽目的の大麻使用を合法化へ
BBCニュース 2018年6月20日

カナダ議会は19日、全国で娯楽目的の大麻使用を認める法案を可決した。
大麻の合法化法案は賛成52反対29の投票結果を得てカナダ議会上院を通過し、合法化に向けた最後のハードルを越えた。法案は大麻の栽培、流通、販売に関する規定。
早ければ9月にも、カナダ人は大麻の合法的購入と使用が可能になる。
同国は主要7カ国(G7)で初めて、娯楽目的の大麻使用を合法化する国となる。
カナダでの大麻所持は1923年に違法となったが、医療目的での大麻使用は2001年に合法化された。
カナダ政府は各州や準州、地方自治体に対し、新たな大麻市場を整備するために8週間から12週間の準備期間を設ける予定。
産業関係者や警察もこの期間に新たな法的枠組みへの準備をすることになる。
2015年の調査ではカナダ人は大麻に約60億カナダドル(約4975億円)を費やしていると試算された。この市場規模は同国のワイン市場と同規模。

カナダが合法化に踏み切った理由
この法案は2015年、当時自由党の党首だったトルドー氏が選挙戦で掲げた公約を実現するものだ。
トルドー首相は、違法であるにも関わらずカナダ人は世界で最も大麻使用の多い国民だとして、100年近く続いた大麻使用を違法とする法律の無効化を主張している。
世論調査では何度も、大多数のカナダ人が大麻合法化に賛成だとの結果が出ている。
カナダにおける娯楽目的での大麻使用の合法化という決定は、広く使われている大麻の違法状態を変更するという世界的な傾向を受けてなされた。
ウルグアイは2013年12月、大麻の生産と販売を完全に合法化した最初の国となった。
コロラド州やカリフォルニア州などアメリカの複数の州も、ここ数年で娯楽目的の大麻使用を合法化している。

https://www.bbc.com/japanese/44543666