見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

February 08, 2007

ブッシュにはもううんざり




日本で翻訳されてるのは残念ながら「ブッシュには、もううんざり!」一冊ですが、モリー・アイヴィンズの影響力はジャーナリズムの世界ではよく知られていました。その彼女が、乳ガンのせいで1月31日にこの世を去りました。
モリー・アイヴィンズが恋しいとポール・クルーグマンがニューヨークタイムズ紙に書いています。
「テキサス・コラムニストの諷刺文は目的に達する唯一の手段だった。説明できるパワフルさを保つ。」
ネーション紙はラジオネーションのホスト、ローラ・フランダースがこう書きました。
「遠く離れたところから私はコラムニスト、モリー・アイヴィンズの死亡記事を読みました。イギリスのガーディアン紙はチャーミングな写真付きで賞賛の表明を掲載しましたし、他の新聞は彼女の死を書き留めました。でもモリー・アイヴィンズは、もっと肚の底で感じる哀悼のやり方を知らせてとせがみます、私たちがなくて困るのは彼女の散文というのでなしに、彼女の存在だからです。
初めてステージの上を闊歩する彼女を見て、私は元気づくのを感じました。桁外れに大きくて、晴れやか、頑固一徹、全く臆しないというのがアイヴィンズでした。まるで場の雰囲気を明るくしたかのように、そして残りの私たちにもっと深く吸い込んで、もっと大きな声で話すように、もっと気前よく生きるように、促すまでに思えました。
ジャーナリズムで真に勇者のひとり、アイヴィンズは私たちに勇気をくれる大胆不敵な人でした。彼女はイミテーションの見かけファンシーな織物のひだを開け放って、しわしわの邪悪な魔法使いどもを暴くためにスピンしました。彼女が独裁者の鼻を折り実力相応の評価に下げたので、私たちは格闘に参加できたのです。」
写真は2枚ともモリーです。最初のはコードピンクに参加したときのモリーです。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home