見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

January 30, 2007

もっと虚飾が必要



昨日、アル・ゴアの「不都合な真実」、見てきました。
大量の票のカウント操作を目撃した最初の大統領選で、フロリダを制したとのニュースが飛び込み、一瞬だけ大統領になったアル・ゴアです、と彼は自己紹介します。ゴア自身の痛手がそれは大きかったことがよくわかりましたが、実は、アメリカにとって大打撃だったことをなにより実感する映画でした。
この映画を見て、「ああ、なんてこった、この人こそアメリカ合衆国大統領、彼が大統領だったらな〜」と思わずため息ついたアメリカ人は多かったはずです。
ひとりの人間としてモラル的にも政治家としての実力でも潜在する能力でもブッシュとの違いは誰の目にも明々白々です。
いまの政権はその他大勢のピープルに冷酷な、悪魔の政権です。単に保守政権というのとは違います。人々が長い時間をかけて達成してきたピープルの基本的権利、尊重すべき決まりや法律などなどを、ここまで無視してねじ曲げてしまう無礼な政権は前代未聞なのではないでしょうか。迷惑なのは他国を巻き込み、ずたずたにすることです。
以下のディック・チェイニー副大統領の発言にはおったまげます。ブッシュというよりこのチェイニーが始めた戦争でしょうに。国民と議会のノーの声などいっさい聞かないで、増派の次はイランですか。イラクの人々が荒れるのも無理はないです。抵抗勢力に油を注いでいるのはイランから持ち込まれるとかの武器の類ではなくて、こういうあまりにも身勝手で理不尽な発言なんだと思いますけど。
<イラク戦争は数代後まで チェイニー氏>
チェイニー副大統領は29日発売のニューズウィーク誌に掲載されたインタビューで、イラクでの戦いは4代後の米政権まで引き継がれるだろうと述べ、ブッシュ政権の時代には解決しないとの見方を明らかにした。
チェイニー氏は、イラクでの戦争は国際テロ組織アルカイダやイスラム教過激派との戦いでもあると指摘。この戦いに決定的な終結はなく「将来の2つ、3つ、あるいは4つの米政権をも忙殺させるだろう」と述べた。(共同通信)
<イラク引き継ぎ「無責任」 ヒラリー氏、大統領に圧力>
次期米大統領選への出馬の意向を明らかにしている民主党のヒラリー・クリントン上院議員は28日、アイオワ州ダベンポートで記者会見し、情勢が泥沼化しているイラク問題をブッシュ大統領が次期大統領に引き継ぐのは「無責任の極み」だと指摘、残り2年の任期内に大統領自身が問題解決への道筋を付けるべきだとの考えを示した。
ヒラリー氏は、ブッシュ氏がイラク問題は次の大統領にも残るとしているとし、イラク戦争は「ブッシュ大統領が始めた戦争」であり、ブッシュ氏が最後まで責任を取るべきだとの考えを強調。大統領に圧力をかけていく考えを示した。
02年のイラク武力行使決議にヒラリー氏が賛成したことへの批判が度々出されていることについては「深く後悔している」と述べ、ブッシュ政権が当時イラクに関する情報を正確に提示していれば賛成には回らなかったとの考えをあらためて示した。(2007年1月29日共同通信)
上の写真はもうおなじみのワード・サットンの作品です。
追いつめられたブッシュ大統領が「虚飾がいる」とわめいています。
by このカラー(レッドをペイントするというのは飾り立てた記事をかくとなります)が広がる Ward Sutton

0 Comments:

Post a Comment

<< Home