見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

February 01, 2007

スパイク・リーとリンチの映画がくるよ




<2006年に見た映画で特に印象的だった10本>
=North Country スタンドアップ by ニキ・カーロ
=ミュンヘン by スピルバーグ
=Walk the Line by ジェームズ・マンゴールド
=ヒストリー・オブ・バイオレンス by クローネンバーグ
=ブロークバック・マウンテン by アン・リー 
=ナイロビの蜂 by フェルナンド・メイレレス
=Good Night & Good Luck by ジョージ・クルーニー 
=AMEN by コスタ・ガブラス
=ホテル・ルワンダ by テリー・ジョージ
=メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 byトミー・リー・ジョーンズ

この他にも、ギリシャの<A Touch of Spice>や <カポーティ>、ヴェンダースの<アメリカ、家族のいる風景>、<ユナイテッド93>、<ヴェラ・ドレイク>、<ハッカビーズ>、<シリアナ>、<ウイスキー>などがあがります。
ちなみに、以下はニューヨークのVillage Voice紙の映画評担当者のTop10です。
グリニッジヴィレッジにある映画館でメルビルの「影の軍隊」が再上映されたそうなんです。拷問の映画ですが、いまでも衝撃的であると同時に、まさにいま的な題材ということで、特にアメリカ人の心境としては2006年のナンバーワンに入れてもよいほどだとの評価でした。日本ではまだ公開されてない映画がほとんどですが、参考までに紹介しておきます。
DVDで見た2004年の作品「She Hate Me」は要素が多すぎてファンではあっても評価しがたいできだったスパイク・リーは、ドキュメンタリーにおいてもアカデミーで評価された作品がある監督で、堤防が崩壊し悲惨なカオス情況にあるニューオーリンズの映画があがっています。これはすごく見たい映画です。また久々のデイヴィッド・リンチもあがっています。これはとっても楽しみ。ミッシェル・ゴンドリーにも注目ですし、UKのフリアーズ監督の「The Queen」があるのがなんともうれしい2007年です。

Village Voice 2006 The Movie Top 10
-1 The Death of Mr.Lazarescu by Cristi Puiu ルーマニア映画
-2 Borat by ラリー・チャールズ
-3 The Decay of Fiction by Pat O'Neill 2002
-4 暗闇のスキャナーby リチャード・リンクレーター
-5 The Science of Sleep by Michel Gondry フランス映画
-6 Climates by Nuri Bilge Ceylan トルコ映画
-7 L' Enfant ある子供by ダルデンヌ兄弟 ベルギー映画
-8 When the Levees Broke: A Requiem in Four Acts by Spike Lee
( 堤防が崩壊するとき:ニューオーリンズのカオス)
-9 InLand Empire by David Lynch
10 Battle in Heaven by Carlos Reygadas メキシコ映画
11+Children of Men by アルフォンソ・キュアロン
11+影の軍隊 by ジャン・ピエール・メルビル(拷問の映画)
11+The Queen by スティーヴン・フリアーズ UK 映画
11+Gabriella フランス映画
11+United 93
11+硫黄島からの手紙 byクリント・イーストウッド

写真はハリケーンカトリーナの結果です。2006年1月1日ルイジアナのアッパーミドルクラスの郊外Slidell の姿です。写真家David Metrauxのサイトより
http://www.davidmetraux.com/news/2006/hurricane_katrina.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home