見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 17, 2007

米陸軍兵士の自殺率が上昇中


◇AP通信は15日、イラク駐留米軍の死者の数が2003年3月の軍事作戦開始以来、少なくとも3700人に達したとの独自集計結果を伝えた。これには非制服組の7人が含まれる。
戦闘行為で死亡したのは少なくとも3036人。犠牲者の総数は米国防総省の発表より12人多い。
米国以外の国の死亡者数では、英国が168人、イタリア33人、ウクライナ18人、ポーランド21人、ブルガリア13人などとなっている。

◇イギリスの医学雑誌ランセットによれば、米軍のイラク侵攻以来、イラク国民の犠牲者の総数は100万人に達しようとしている。

◇アフガニスタンではすでに419人の米兵が戦死している。またイラクでの米軍戦死者数の3%は自殺で占められている。

◇英デイリーメール紙の試算によれば、イラク戦争の戦費は米・英軍合わせて1秒間に2000ポンド(約47万円)以上のペースで増え続けている。

◇米退役軍人局の最新報告によると、イラクとアフガニスタンから帰還した米軍兵士のうち5万2375人がPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されたが、戦傷年金を支給されたのはわずか1万9015人で、退役軍人向け医療制度のさらなる拡大が求められている。

◇英ヘラルド紙によると、英陸軍では2004年以降、9350人が脱走し、現在も1100人以上が逃亡中であることが明らかにされている。
現在のアフガニスタンとイラクでの任務増加が脱走兵増加の原因であるとの見方を英国防大臣は否定しているが、2007年に入り6ヶ月ですでに約1300件の脱走兵事件が発生していることは認めている。
脱走兵の数は、英陸軍兵士総数(予備役含め9万8000人)の10%近くを占めるものである。
また米陸軍では、イラク戦争開戦以降、7000人以上の兵士が脱走していると見なされる。
イギリスでは7月初めに陸軍参謀総長リチャード・ダナット卿が、英軍のイラク駐留により国防体制が悪化しており、英陸軍が崩壊しかねないと政府に警告している。

◇ストレスで米陸軍兵の自殺が上昇
度重なる戦闘や長引く駐留によって、米陸軍兵士の自殺率が記録的な高さに上昇している。特に若年兵の自殺が目立つ。
AP通信が報じた米陸軍の発表によると、昨年の陸軍兵士の自殺は99件報告されており、そのうちの半数近くが25歳以下で約3分の1がアフガニスタン戦争かイラク戦争で派兵されている。
米陸軍の軍医は記者会見で、自殺の主な原因として「親密な恋愛関係または結婚の失敗」を挙げた。
軍医は、自殺増加の原因が度重なる派兵や駐留期間の15ヶ月延長による精神的苦痛ではないかと陸軍が懸念していることを指摘しながらも、調査の結果、戦闘や駐留と自殺の直接的因果関係は証明されていないと発表した。
「だが、恋愛関係にある兵士や既婚兵士の場合、戦地駐留によって恋人や配偶者との関係が悪化し、それが極度の精神的苦痛や情緒不安定を引き起こしていることは事実」で、「親愛なる誰々へ、という電子メールを読んだ直後に武器を手に取り引き金を引く自殺例が圧倒的に多い」ことを軍医は説明した。
陸軍では、テロ戦争およびイラク戦争が6年目に突入するのにともない、駐留兵の精神衛生に関する環境整備を強化してきた。毎年、精神科医や心理学者を含む医師団を前線に派遣し、米兵の自殺防止策を見直してきている。
米陸軍の兵士の数はおよそ50万人、2005年には87件だったのが、昨年は現在自殺で調査中の2人を含めると101件となり、過去最高の発生件数の湾岸戦争があった1991年の102件に続く記録となる。

写真は、イラクで中将以上の階級保持者とチェイニーやラムズフェルド、統合参謀本部議長を含めるVIP警護の任に当たるJVB(ジョイント・ビジターズ・ビューロー)要員の陸軍特技兵、エリ・イスラエル狙撃兵。彼は占領軍の一員として従軍し続けることを拒否した。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home