見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 23, 2007

最も恥ずかしいウィキペディア情報操作


グリフィス君が公開したツール「ウィキペディアスキャナー」は、ウィキペディア上で行なわれた独断的な編集や匿名性を利用した宣伝活動などを暴く威力を持ったツールだ。企業や団体、政府機関の名称を入力すると、それらに割り当てられているIPアドレスのリストが入手できる。さらに1度か2度クリックするだけで、それらのIPアドレスからウィキペディアのページに無記名でなされたすべての編集が確認できる。
というわけで、グリフィス君が開発したツールは、公開されている情報をちょっと整理し直すだけで、大きな発見ができることを示す好例だ。
以下は、ワイアードの読者から投稿された「最も恥ずかしいウィキペディア情報操作」から一部人気のあるものを紹介します。
化学メーカーは工場事故や枯れ葉剤の記述を削除、石油企業は「バイオ燃料」全体を削除、NSA米国家安全保障局は、世界的盗聴システム「エシュロン」へのリンクを削除。イスラエル政府やアルジャジーラ放送、トルコ財務省も登場します。
(2007年8月16日更新分)

◇電子投票機メーカー米ディーボルド社は、自社に関する批判や論争をすべて丸ごと削除している。たくさんの編集記録が残っている。
◇カルト集団サイエントロジーによる自らへの批判の削除
◇NRA全米ライフル協会の何者かが、2001年の米国同時多発テロの計画や実行にイラクが関与したと私たちに思わせたがっており、その「証拠」を記述している。NRA、米国同時多発テロに「イラクが関与」と追加。
◇ダウケミカル社が化学工場事故、枯れ葉剤、乳房インプラントへの言及を削除。
米ダウケミカル社が、「環境と人権にかかわる論争」と名付けられたセクションを丸ごと消去している。このセクションには、数十万人に被害を与え、世界最悪の化学工場事故といわれるボパール工場事故、エージェント・オレンジ(枯れ葉剤)、および乳房インプラントに関わる情報があった。
◇米シェヴロンテキサコが、バイオディーゼルの総合的な記事全体を削除し、さらに、イラクの原油に関する制裁措置への違反で科された罰金に関する情報を削除している。
◇米エクソンモービル社が、「原油流出事件の保障未支払い」について編集。
エクソンモービル社のIPアドレスから、エクソン・バルディーズ号の原油流出事件とその後の後始末に関する議論が書きかえられている。アラスカの漁師に対して支払いの義務があるという50億ドルを同社が「支払っていない」とする部分が、同社が「すでに支払った」お金についての詳細を宣伝する内容に置き換えられた。
◇FBIが、グアンタナモ米軍基地に関するページを編集。
FBI米連邦捜査局がキューバにあるグアンタナモ米軍基地の航空写真を削除した。
◇カタールのアルジャジーラ放送から「イスラエル建国はホロコーストに匹敵する悪事」との書き込み。
◇ディズニー 社が、DRMに批判的なコリー・ドクトローの引用を削除。
2004年のクリスマスイブに、米ディズニー社のIPアドレスから何者かがデジタル権利管理の項目を編集。DRMに批判的なコリー・ドクトロー氏への言及を、同氏がこの問題について米マイクロソフト社のリサーチグループに対して行なった講演へのリンクとともに削除した。
その後、ディズニー社のIPアドレスから何者かが、項目内にあった「反対派」の議論を改変し、消費者はDRMを受け入れているという記述にした。
◇トルコ財務省が、アルメニア人虐殺の記述を削除。
トルコ財務省のIPアドレスから何者かが、アルメニア・トルコ関係の項目を編集。アルメニア人虐殺に関する箇所を削除している。
◇フォックスニュースが、批判者の項目を編集。
保守系コメンテイターの「ウソ」を暴き、批判する著作「LIES: And the Lying Liars Who Tell Them」がベストセラーになったコメディアン、アル・フランケンの項目に対する編集がどこから行なわれたかを調べると、米フォックスニュースチャンネルにたどり着いた。この書き換えはちょっと大人げないのではないか。
◇NSA国家安全保障局が、エシュロンへのリンクを削除。
NSA国家安全保障局のIPアドレスから何者かが、「情報抽出」の項目を編集。「エシュロンへのリンクを削除、記事に無関係」という削除説明のコメントがついている。エシュロンとは、NSAによるグローバル監視プログラム。
◇イスラエル政府、ヨルダン川西岸の分離壁に関する批判を削除。
イスラエル政府内のIPアドレス「147.237.70.14」から、何者かが2度にわたり、ヨルダン川西岸地区に建設中の分離壁について記事全体を削除。代わりに、分離壁に対する国連の「人種差別的な」決議への批判と、「世界はアラブ陰謀説を後押ししている」、「彼らの目的は、イスラエルとユダヤ人の完全破壊を完了させることにある」との主張に置き換えた。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home