見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

May 20, 2008

「ナクバ」を世界の言葉にしよう


悪趣味というかサイテーの話ばかりが聞こえてきます。この手の狂気に終わりは見えない。
以下、デモクラシーナウ!2008年5月19日のヘッドラインよりーー。

◇オバマが撃たれると、ハッカビーがからかう(しかも、どいつもこいつも銃をぶっぱなしたくてうずうずしているような連中の眼前で言うとは!)
共和党の元大統領候補者、マイク・ハッカビーがニュースに戻る。金曜日、全米ライフル協会の面前で行うスピーチの中で、誰かが「バラク・オバマを暗殺する」とからかった。
マイク・ハッカビー:「だが現実は、そして私は気をもむ、というのも率直に言って、つまづいてびっくりするのはバラク・オバマだったのを、超えない(背景で大きな音)からだ。彼が話す用意をしていると、誰かが銃の照準を彼に向けた。そして彼は、床に沈んで見えなくなる。」

◇米国はアフガニスタンに40エーカー(1エーカー=4046.8平米)の敷地の刑務所建設を計画
カブール近くのアフガニスタンに米軍は新たに40エーカーの刑務所関連施設を建設するつもりでいる。6000万ドルの敷地がバグラム軍事基地の間に合わせの刑務所に取って代わることになる。現在、バグラムには米国が約630人の囚人を拘束している。バグラムの囚人には告発なしに5年間拘束されている人たちがいる。

◇サウジアラビアが核保有国計画を進めるのを米国が助ける
一日あたり原油30万バレルを追加増産するとのサウジアラビアによる約束にもかかわらず、原油価格は記録的高値のままである。ブッシュ大統領がサウジのアブドラ国王と会っている最中の金曜日、サウジアラビアが発表した。これと交換にブッシュはサウジの核保有国計画への米国支援を誓約した。この取引の一部として、サウジが原子炉に必要な濃縮ウランを買い入れるのをワシントンが助けることになる。

◇ナクバ(大惨事)60周年をはっきり示すパレスチナ人たち
金曜、パレスチナ人がナクバ、あるいは大惨事と呼ぶ、パレスチナ建国60周年をはっきり示すため、多数のパレスチナ人とアラブ系アメリカ人たちが国連に集結した。
コロンビア大学の学生 Saifeedan Anmousa:ナクバは60年前に起こった歴史上のできごとではありません。私たちがこれを記念している理由はそれなんです。単に歴史の話ではないということ。これは今日にまで続いている現実のことです。アラブ世界中のどのパレスチナ難民キャンプにも、ヨルダン川西岸のどのチャックポイントにも、ナクバはいまも弱まることなく保たれている、ガザに爆弾が投げ込まれるたびに、西岸で子どもたちが殺されるたびに、ナクバは消えずに生き続けます。」

◇「ナクバ」という言葉の使用をやめるようイスラエルが国連に促す
国連事務総長によるコメントの後、イスラエルが国連に「ナクバ」という言葉の使用を止めるよう求めているとアラブニュースが伝える。イスラエルの国連大使代理Danny Carmonはイスラエルのラジオに次のように述べた。「ナクバは、イスラエル国家樹立の正統をひそかにむしばむのに使われるアラブのプロパガンダの道具である。それが国連の語彙の一部であってはならない。」

写真は、フォトジャーナリスト広河隆一の、40年間記録し続けた数万枚の写真と1000時間の映像から生まれたドキュメンタリー映画「NAKBAナクバ」の写真
http://nakba.jp/

0 Comments:

Post a Comment

<< Home