見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 29, 2008

アニー・レノックスのSING



アニー・レノックスの歌「SING」とそのプロジェクトのことご存じですか。
ウィル・スミス夫妻ばかりではありません。マンデラの90歳の誕生日を祝うロンドンでのコンサートには、大勢の南アの子どもたちといっしょに輝いている彼女の姿がありました。

◇「SING」ってなに?
ユーリズミックスで知られるミュージシャン、アニー・レノックスが、HIV/AIDS組織、治療活動キャンペーン(TAC)のために金を調達し自覚を呼び覚ますため、チャリティレコード「SING」で世界で最も喝采して迎えられる女性スーパースター23人のボイスと協力している。オリジナルトラックはすでにすべてのオンライン小売店からダウンロードすることで利用できる。これには昨年12月1日の世界エイズデーから利用可能のスペシャルリミックスが付随する。「SING」は昨年10月初めに発売されたアニー・レノックスの4枚目のソロアルバム「Songs Of Mass Destruction(大量破壊の歌)」から選ばれる。

アニー・レノックスは最近、TACと共に南アフリカで2週間過ごした。そして何百万という人びとが毎日直面している現実の生々しい情況を記録する、それゆえ、世界的流行病に疎い人びとがなにがしか理解にたどりつく。苦しむ患者たちの医療の足しになるとか、HIV/AIDSの予防について人びとを教育するための、財源がほとんどない。南アへのトリップはアニー・レノックス自身によってプロデュースされるTVや印刷メディア、オンラインのあちこちで詳細に記録・報道される。

スーパースター軍団のボイスの中には、「The Generics」として知られるTACの地元活動家メンバーのボーカルグループが含まれる。彼女たちのCDの社会・政治活動家の歌がアニーに生命を吹き込み「SING」を真実にさせる。アニーは手紙によって各女性アーティストに個人的にアプローチをかけた。そしてレコーディングは2007年の春を通して、世界中の各アーティストの地元スタジオで行われた。

TACは1998年12月10日、南アフリカのケープタウンで設立された。彼らはHIVに感染した人びとの治療のためと、新たなHIV感染を減らすため、キャンペーンを行う。全国的な母から子への感染防止の実行と抗レトロウィルス治療プログラムが含まれる、彼らの奮闘の結果は多くの命を救う介入になっている。TACはまた治療読み書き能力キャンペーンも運営する。これはHIV治療と防止学に関する訓練プログラムだ。

◇数年前、私は一個の人間として、ロベン島の彼の元独房の前に立って世界のプレスに向けて話しかけるネルソン・マンデラを目撃した。アフリカでの世界的流行病HIV/AIDSは、それどころか現実はジェノサイド(大虐殺)だというのが彼のメッセージだった。それ以来、私はできるかぎりHIV/AIDSの危機に目に留めようと決心した。
(アニー・レノックスの「SING」のウェブサイトより)
◇世界的流行病HIV/AIDSが南アフリカでどのように女性たちと子どもたちを襲っているかについて、なんとか人に知らせようと、私は「SING」を書いてレコーディングしました。この最初の「SING」プロジェクトに23人の国際的によく知られた女性レコーディングアーティストが私の仲間に加わってくれました。オンラインやロンドンのボディショップで販売するこのTシャツは倫理にかなってよりどころとされます、そして南アフリカ全体におよぶ草の根ネットワークの治療活動キャンペーンに私はこの販売から利益を寄付することになっています。
(アニー・レノックスのオフィシャルオンラインショップより)

写真はネルソン・マンデラとアニー・レノックス、2007年の南アの46664コンサート。そしてマンデラの手と彼の囚人ナンバーだった「46664」
「SING」は破滅的と言われる南アのHIV蔓延を抑えようとのマンデラのキャンペーン「46664」に鼓舞されている。(Billboard.com)
23人の女性アーティストには、マドンナ、セリーヌ・ディオン、ピンク、シャキーラ、KTタンストール、ダイド、フェイス・ヒル、ファーギー、シュガーベイブ、ベス・オートン、ボニー・レイト、マーサ・ウェインライト、ジョス・ストーン、KDラング、グラディス・ナイト、サラ・マクラクラン、などがいる。
以下でアニーのボイスとマンデラの声を聞いてください。ダンスする南アの男の子かわいいです。
http://www.annielennoxsing.com/sing.php

0 Comments:

Post a Comment

<< Home