見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

November 21, 2008

チェイニーとゴンザレスを起訴


◇刑務所「虐待」でチェイニーが起訴される

テキサス大陪審は、民間に委託された刑務所の被収容者の虐待と言われるものに関係がある「組織的犯罪活動」で、ディック・チェイニー副大統領を起訴してきている。

利益追求型刑務所に株式を保有する会社に8500万ドル投資してきているチェイニー氏は、調査を妨害することをたくらんだと大陪審の起訴状は申し述べる。

起訴状は、これを却下できる判事によって判断されてきていない。

副大統領官邸は起訴状の写しをまだ受け取っていないと言って、チェイニーのスポークスウーマンはコメントを拒否した。

起訴は政治的に誘導されたとあるテキサスの弁護士は言った。

「利害衝突」

任期満了で辞職する検察官、郡のホアン・グエラ地方検事によってこの起訴状は監督された。

2001年4月26日、テキサス州ウィラシー郡の民間刑務所内で死んだグレゴリオ・デ・ラ・ロサの事例を彼は例証する。

メキシコとの国境に近いウィラシー郡の大陪審は、他の被収容者に彼を襲わせておくことで被収容者の「少なくとも襲撃の軽罪」を犯すとチェイニー氏を非難する。

刑務所会社に与える連邦の契約を通してチェイニー氏には権力の行使があったため、「直接の利害衝突」があったと言った。

告発として知られる正式な起訴状を発行する前に、訴訟事件が正規の裁判とするのに足るかどうか決定するため、アメリカの大陪審は証拠を秤にかける。

3ページの起訴状はまた、「誤った行いに関して調査を止めるため、彼の地位を悪用した」とアルベルト・ゴンザレス元司法長官を非難する。

「大きな悲しみで」この決定を下したが、「この国を愛する故に」彼らにはチェイニー氏とゴンザレス氏を告発する以外に他の選択はなかったと大陪審は書いた。

ある弁護士が辞職する検察官グエラ氏によるサーカスの大騒ぎの出しものと呼んだことで、他の幾つかの関連がある起訴状が多数の公務員に対して提起された。グエラ氏は、任期の残り数週間で復讐をほしがっていたと弁護士は言った。

(BBC NEWS 19 November 2008)

◇チェイニー副大統領と ゴンザレス元司法長官 テキサスの民間委託刑務所事件で起訴
テキサス州判事は、ディック・チェイニー副大統領とアルベルト・ゴンザレス元司法長官の罪状認否を金曜日に行うことにしました。彼らは今週テキサス州大陪審により起訴されました。起訴内容は、民間委託経営の連邦刑務所における囚人への暴行に対する責任です。
(デモクラシーナウ!2008年11月20日)

写真はチェイニーとゴンザレスの悪だくみチーム

0 Comments:

Post a Comment

<< Home