見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

September 11, 2009

バンバンバンバンの騒ぎ




◇ホワイトハウスはCNNを責める

見たところでは沿岸警備隊の船が別の船の通過を抑えようとしているらしいのを、ワシントンTV局からヴィデオを監視するCNNのジャーナリストたちが見た午前10時直前に、事件は始まった。

ペンタゴンでの911記念式典後、大統領の自動車の行列が近くのメモリアル橋を走行したとき、沿岸警備隊の船は水上をすばやく移動していた。

CNNによって傍受される警察の走査空中線から聞き取れる沿岸警備隊の無線送信で、「あなた方は沿岸警備隊のセキュリティゾーンに近づいている... 船を止めないと狙撃されることになる。ただちに船を止めなさい。」と言っている音声をたぶん聞いた。

その後、「バン、バン、バン、バン」そして「われわれは10発使い尽くしてきている。」と言うのを誰かがたぶん聞いた。

水上でトラブルの可能性を示唆する第一報の後、CNNはただちに沿岸警備隊に電話した。あのエリアでの活動について情報はないとスポークスウーマンは言った。

次の20分から25分に、情報を求めるため、CNNはUSCG(米沿岸警備隊)スポークスウーマンに数回電話をかけ、数回Eメールを送った。スポークスウーマンは、情報を得ようと試みているがどのような情報も得ることができなかったと言った。

CNNが10発使い尽くしていると言う無線送信を聞いた後、CNNは顛末を発表した。

10時23分、CNNが第一報を放送した後、できごとは演習であるかもしれないと聞いていたが、その情報の源を知らなかったとスポークスウーマンは言った。

11時9分、CNNはそれが訓練演習だったのを確認する沿岸警備隊のEメールを受け取った。

訓練回数(頻度)は伝達の必要がなかったと沿岸警備隊は言った。

そのような無線送信は一般にそれが訓練演習だとの発表とともに始まるものだが、この場合にそれが行われたかどうか彼は知らないと沿岸警備隊のジョン・カリアー中将は言った。

弾丸は発射されなかったし、無線通知は標準の演習の一部だったと当局者らは言った。

大統領を警護するシークレットサービスを含め、他の機関は、この演習について事前に通知されていなかった。

このエリアで弾丸が発射された可能性を明るみに出す当時の報道によってオバマはホワイトハウスに戻ったとシークレットサービスは言った。

(CNN 11 September 2009)
http://edition.cnn.com/2009/US/09/11/potomac.boat/index.html

◇9.11米同時多発テロから8年目を迎えた11日、ワシントンD.C.で米沿岸警備隊が発砲したと誤って報道され、一時混乱する場面があった。

最初にCNNが、ポトマック川で沿岸警備隊が不審な船に発砲したと報じた。この時、ポトマック川の近くにある国防総省ではバラク・オバマ大統領も出席して式典が行われていた。

報道を受けてワシントンD.C.のロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港が航空機の出発を約20分間見合わせるなどの影響が出た。

しかし沿岸警備隊は記者会見で、これは以前から予定されていた訓練で武器は使用しておらず、銃を撃つ代わりに無線で「バン、バン」と言ったことが誤解されたとみられると語った。この通信は一般の人も傍受することができた。

沿岸警備隊は、9月11日という特別な日にもかかわらず、ほかの治安機関に連絡していなかったことを認めたが、混乱の原因は誤った情報を伝えた報道にあるとして謝罪はしなかった。また報道機関が沿岸警備隊からの情報提供がなく、電話をしても応答が無かったとしていることについて原因を調査していると述べた。AFPも繰り返し沿岸警備隊に取材を試みたが応答はなかった。

これまで沿岸警備隊は、ワシントンD.C.で大きな訓練を行う場合、メディアとほかの治安機関に情報を提供するのが通例だった。

(AFP 2009年9月12日)

写真はポトマック川での金曜の演習訓練での米沿岸警備隊の船2隻(CNN)と、このエリアの地図(BBC)
写真はクリックすると拡大版で見ることができます。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home