見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 22, 2010

最低のセックストラップ



◇Wikileaks創立者に対するレイプ罪状をスウェーデンが擁護

Wikileaks創立者ジュリアン・アサンジに対してレイプの罪状で逮捕状を出して次に取り下げた彼らの決定をスウェーデンの検察は擁護してきている。

首席検察官は後に罪状を取り下げる気にさせる追加情報をもらったと彼らは言っている。

事件はそれでもWikileaksに損害を与えてもよいはずだとアサンジ氏は言っている。

レイプの罪状は取り下げていても、別件の性的いたずら(乱暴)の申し立てを彼らは今まで通りに取り調べていると、日曜、スウェーデンの検察は言った。

・セックス トラップ

スウェーデンの新聞Aftonbladetのインタビューでアサンジ氏は、合意によらない何びととも1度として性的関係を持たなかったと言った。

決定を擁護するスウェーデンの国の検察官庁は声明の中で、土曜日令状を取り下げる首席検察官Eva Finneには金曜午後勤務の検察官より決定に有効なさらなる情報があったと言っている。

「このような限定的措置に関して決定は、常に予備的取調べで再評価されなければならない」と声明は言っている。

検察官庁のスポークスウーマンは他の詳細をなにも示さなかったが、事件を扱うどちらの検察官も間違いをしてきていないのに確信があると彼女は言った。

彼らのタイミングは「ひどく不穏」だったとして、アサンジ氏はそれが持ち上がったあとただちに速やかに罪状を退けた。

Aftonbladet紙へのコメントの中で彼は言っている。「この背後にだれがいるかわからないが、私たちにとって事態を台なしにするため、例えるならペンタゴン(米国国防総省)がダーティトリック(汚いやり方)を用いるつもりであると、私たちは警告されてきている。」

「またセックストラップ(性的なわな)についても私は注意されてきている。」

米兵とアフガン一般人の生命を脅やかすこともあったとして、アメリカ当局は7万5000件以上の交戦ログをオンラインでカキコする(貼り出す)Wikileaksの決意を激しく非難してきている。

彼らはスウェーデンの罪状に対してコメントしてきていない。

Wikileaksはスウェーデンを含めて、いろいろな異なる国々のサーバーを頼りにする。

(BBC 22 August 2010)

写真は今回の件でコメントするアサンジ(BBC)
目立つ髪の色を変えているとの報道があったが、確かに...
この事件を最初に報じた新聞はスウェーデンの右翼紙だとのこと

0 Comments:

Post a Comment

<< Home