見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

September 17, 2010

畏れ多いフレディ・マーキュリー



◇サシャ・バロン・コーエンがフレディ・マーキュリーを演じる

映画「Ali G」、「ボラット(Borat)」の人気者、サシャ・バロン・コーエンがロックバンド、クイーン(Queen)についての映画でフレディ・マーキュリーを演じると言う、クイーンのギタリスト、ブライアン・メイが、BBCに認めてきている。

「オレたちにはサシャ・バロン・コーエンがいる、たぶんうんとこさショックな連中はいるだろうが、彼はオレたちと長いこと話し合ってきている」とメイは番組「HARDtalk」で語った。

映画「フロスト×ニクソン(Frost/ Nixon)」の作家、ピーター・モーガンが脚本を書いていると彼は付け加えた。

映画は1985年のライブ・エイド(Live Aid)に先鞭をつける時期に焦点を合わせるもので、来年撮影を開始する。

「できるだけオレたち自身が関係しないように努めようと思う」とメイは言った。

バロン・コーエンは、「2,3年前にオレたちがピーター・モーガンと真剣にそれについて話し合いを始めて以来、この企画にすすんで参加していた」と彼は加えた。

メイとクイーンのドラマー、ロジャー・テイラーは映画で主役の音楽を監督するもので、クイーンによるものとソロとしてのマーキュリーによる歌を盛り込む。

ロバート・デ・ニーロとジェーン・ローゼンタールの映画会社トライベッカ(Tribeca)と一緒に映画を制作するGK Filmsのグラハム・キングは、クイーンは「全く独自の音楽ブランド」だったと言った。

「フレディ・マーキュリーは畏敬の念を起こさせるパフォーマーだった、それでピーターの脚本とクイーンのサポートと相まって主役をサシャにして私たちは彼らの成功の裏の本当のところを語るため申し分のない組合わせを手に入れる。」

前の仕事に「クイーン(2006)」と「フロスト×ニクソン(2008)」というオスカーにノミネートされた脚本を含めるモーガンは、今までのところでは題名のない企画としてすでに仕事を手がけている。

ウェンブリースタジアムでのライブ・エイド・コンサートでのクイーンの21分の出演は、「ボヘミアン・ラプソディ」、「We Are The Champions」、「Radio Ga Ga」を目玉にする。それは一流のロックパフォーマンスのひとつと見なされる。

写真:バロン・コーエンは2年間仲間だったとブライアン・メイは言った
左がバロン・コーエン、右は言わずと知れたフレディ・マーキュリー
(BBC 17 September 2010)

△バロン・コーエンは、アリ・G(イギリスのラッパー)やブルーノ(オーストリア出身のゲイのファッション評論家)、ボラット(カザフスタン人のジャーナリスト)といったキャラクターで知られるイギリスの俳優。

1998年放送のイギリス、チャンネル4の番組"The 11O'Clock Show"で、「ブラック・カルチャーにかぶれた白人ラッパー」アリ・Gを演じブレイク。2000年から放送開始となった"Da Ali G Show"では、英国アカデミー賞、ロイヤルテレヴィジョンソサエティ賞を受賞。エミー賞、サテライト賞にもノミネートされた。2001年マドンナのオファーで「MUSIC」のミュージックビデオに運転手役として出演。また、2001年にはアリ・Gとして、2005年にはボラットとして、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードのホストを務めた。

2006年公開「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」では制作・原案・脚本を手掛けており、第79回アカデミー賞脚本賞にノミネートされた。また、第64回ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。

「私は信心深いユダヤ人だが、"ユダヤ人であることを誇りに思っている"とは言わない」と発言している。

「ブルーノ」でコーエンは2006年の「ボラット」同様、米国を旅し、とあるメディアを訪問しては性行為のまねをパントマイムでしてみせたり、ゲイの恋人と乱交パーティーに参加したりと、様々な騒動を巻き起こしている。

(wikipediaより)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home