見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

April 18, 2012

アフガンも泥沼の戦場


またまたアフガンの自爆犯の死体の一部とポーズをとる米兵の写真がおもてに出た

今回、複数の写真をLAタイムズに持ち込んだ米兵は、統率力と規律の決裂という安全を危うくすることに注目を引くため、新聞社に写真を譲渡したと言っている。陸軍は犯罪捜査に着手している。

(引用元:LA Times 18 April 2012)
http://www.latimes.com/news/nationworld/nation/la-na-afghan-photos-20120418,0,6471010,full.story

◇米ロサンゼルスタイムズ紙(18日付)は、アフガニスタンで自爆テロで死亡したアフガン人の遺体と記念撮影する米軍兵士の写真を掲載した。

アフガンでは、国際治安支援部隊(ISAF)要員によるコーラン焼却問題などで米軍などへの反発が強まっており、新たな火種になる可能性がある。

同紙は、一人の米兵から匿名を条件に写真18枚の提供を受けたという。掲載したのはそのうち2枚で、米兵が上半身の吹き飛んだ遺体を逆さに持ち上げている地元警察官と一緒に笑顔で写真に収まっている様子などが写っている。

この米兵は、第82空挺(くうてい)師団の兵士といい、自爆テロの現場を調査した後に撮影されたという。撮影されたのは2010年とみられる。

(引用元:読売新聞 2012年4月19日)

◇パネッタ米国防長官は18日、訪問先のブリュッセルで「撮影を非難する」「国防総省、米政府を代表して謝罪する」と述べた。

撮影について「規則違反であり、米国の価値観に反している」と指摘、十分な調査を続け、違反が明らかになれば「処罰する」と語った。長官は「戦争は醜いもので、若者はばかげたことをしでかしてしまうが、許すことはできない」と話した。

(引用元:毎日新聞)

◇オバマはアフガン人の死体濫用に刑罰を要求する

2010年に米兵が明らかにアフガン人の死体を濫用するのが写真で見えると米大統領バラク・オバマは述べるとスポークスマンは言った。
(引用元:BBC NEWS)

写真は今回LA Times紙上にて公開された2枚の写真のうちの一枚
これでも控え目な写真の一枚なんでしょう

0 Comments:

Post a Comment

<< Home