見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 05, 2013

ルー・リードが肝臓移植!


◇長いことワイルドサイドの暮らしをしたあと、ルー・リードが救命の肝臓移植を受ける
Raw Story 01 June 2013

ルー・リードが肝臓移植を必要としていた、これにはびっくり仰天する?しない?妻でありミュージシャン(アーティスト)のローリー・アンダーソンがロンドンのタイムズ紙に語ったところによると、幸いなことに、"ヘロイン"や"I’m Waiting for the Man"の曲を書いたミュージシャンは 、先月ラッキーにも(そして裕福にも)肝臓移植を受けた。

ローリー・アンダーソンが語るタイムズ紙より:

「過去数週間、オハイオ州クリーブランドで多くの時間を過ごしてきました…」「夫は大手術を受けました、手術は非常にうまくいきました。」
なんだったのですか?
「肝臓移植。移植を受けるほど重症です。彼は死にかかっていました。」

"機能不全"と彼女が称するニューヨークの病院から離れて、ルー・リードはむしろクリーブランドで移植を受けるほうを選んだとアンダーソンはタイムズ紙に語った。

「同時に飛行機2機を送り出します、ドナーのために一機、受取手のために一機。生きたままドナーを持ち込んで、生命維持装置を外します。テクノロジーの早わざです。」
「わたしは完全に畏敬の念にうたれました。テクノロジーについて信頼できる確実なことを見つけて、わたしは心から深く奮起させられます。」

「これまでに完全に回復しているとは思いませんが、数カ月で当面の目標をするまでになっているのは確かです。彼はすでに動いて太極拳をやっています。わたしはとてもハッピーです。彼にとっては命拾いです。」

4月、ルー・リードはカリフォルニアのすごいCoachellaフェスティバルでいきなりのパフォーマンス2曲に全力を尽くしていた。

http://www.rawstory.com/rs/2013/06/01/lou-reed-recovering-after-liver-transplant/
下記はガーディアン紙から

ルー・リードの妻、ミュージシャンでパフォーマンスアーティストのローリー・アンダーソンによれば、ソングライター、詩人、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのボーカリスト、ルー・リードが先月、肝臓移植を受けた。
 
このカップルは20年以上にわたって一緒にやってきたが、電話で話している間の拍車をかける瞬間の決断の後、2008年に結婚している。

1981年のシングル"オー・スーパーマン"がイギリスのヒットチャートで二位になったアンダーソンは、リードの命を救った手術について畏敬の念を口にした。
 
ルー・リードは3月、発展性のあるアルバム"トランスフォーマー"のプレイバックに姿を現したときニューヨークでファンをびっくりさせた。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home