見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

August 14, 2013

エジプト どえらい武力弾圧


写真は、エジプトの反クーデター抗議者ら
「国連特使がモルシと会ってる時に、反クーデターの抗議者に対する血まみれのどえらい弾圧はエジプト危機を深刻にする(記事)」より


エジプトの治安当局が最悪の"デモ参加者の武力による強制排除"に踏みきり、モルシ前大統領の支持母体モスリム同胞団側の発表によると死者が2000人以上にも及んでいるとイギリスBBC が報じている(8月14日)

◇ブレナンCIA長官がマイケル・ヘイスティングス記者の次の標的だったのを追認
sandiego6.com 12 August 2013

最近不審な状況下で亡くなった有名なジャーナリスト、マイケル・ヘイスティングスの妻、エリーゼ・ジョーダンが、今週、CIA長官、ジョン・ブレナンがヘイスティングスの次の野心的暴露記事プロジェクトだった(http://edition.cnn.com/video/?/video/bestoftv/2013/08/06/exp-pmt-elise-jordan.cnn)との、この記者の情報源の確証となった。

超秘密のCIA請負業者ストラットフォーのフレッド・バートン社長からのハッキングされた不安をいだかせるEメールを、先月、情報源がサンディエゴ6ニュースに提供した。Eメールは不特定多数の人が読めるようにWikiLeaksに掲示され、政府の継続する断固たる締め付けも調査報道ジャーナリストに対する魔女狩りも、当時オバマの対テロ対策権力者のブレナンが担当していると断言した。

コメントを求めてストラットフォーのEメールをCIAに提供したあと、スパイマスターのスポークスマンはたちまち返答した。Eメール2通を受け取った。1通はヘイスティングスがCIAネタに取り組んでいるのを認めるもの、もう1通は「WikiLeaksによって広められる情報についてコメントすることなく、ブレナン長官がこれまでに憲法で保護される報道の自由を侵害しようと企てたというどんなほのめかしも無礼で根拠がない」という。

そのEメールがきっかけでCIAメディアスポークスマンのトッド・エビッツからも電話があった。彼は、彼らがマイケルの死を悲しんでいると述べて調査報道記者との心からの役立つ関係があったとの彼らの見解を繰り返した。

これに反して、ストラットフォー、特にフレッド・バートンは無返答のままである。

ヘイスティングスの最後のネタに関しては、ローリングストーン誌がまもなく発行される雑誌版のなかでブレナンの記事を発表すると彼の妻が述べた。

スピードが事故死の要因だったのか? 
 LAウィークリーにも書く作家でフリーランスのブロガーのマイケル・キリコリアン(Michael Krikorian)による、近くのイタリアンレストランの新たな監視ヴィデオの公開が、ヘイスティングスの最後の瞬間について多くの情報を明らかにする。

SDSU教授、Morteza M. Mehrabadi:ヘイスティングスのクルマのスピードの算定は単純に数学の方程式に従うことだとデータの仕組み(Mechanics of Materials)がサンディエゴ6ニュースに教えた。ヴィデオと、爆発より前に経過した瞬間に加えて動いた距離(195フィート)を用いることにより、彼の意見では、クルマはざっと毎時35マイルで移動していた。

その意外な事実は重要だ、というのも近くの店ALSCOの従業員と事故の目撃者がクルマは高速で移動していてクルマからあがる火花を見て木にぶつかる"前"に爆発するのを見たと、KTLAのスコット・レーンに話したからだ。

木に激突する前の爆発が、ヴィデオの中でクルマが見えるより先に起こったヴィデオの光のひらめきをおそらく説明できた。激突前の爆発とより控えめな速度は、ヤシの木への最小のダメージと後部タイヤが縁石にもたれ掛かった事実をも説明できた。それはまた爆発にエンジンと動力伝達系路(変速機と車軸を結ぶ部分)の位置が木に衝突するエリアから100フィート以上と規定した。

この新たな情報は答えのないまま残る疑問を大きくするだけだ。疑問のひとつは、ヘイスティングス氏が朝の4時半にどこに向かっていたか?事故現場を基にヘイスティングスは自宅からわずか1.5マイルのところで彼の住所から離れる方向に向かっていた。

別の答えのない疑問は彼の自宅のコンテンツ(コンピュータ、電話、ノート等)に向いている、これらの問題について言えば、これまではFOIA(情報自由法)要請にロサンゼルス市警(LAPD)からなにひとつ返答はなかった。また、ヘイスティングスの不審な自動車"事故"の詳細に関して、多数のFOIAが他の連邦機関に正式に提出されている。

http://www.sandiego6.com/story/cia-director-brennan-confirmed-as-reporter-michael-hastings-next-target-20130812


0 Comments:

Post a Comment

<< Home