見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

June 27, 2014

悪魔を招くような危険なまね

ワールドカップ開催中のブラジルの抗議

◇TVではわからないワールドカップ:抗議、催涙ガス、退去させられるファベラ居住者  デモクラシーナウ! 16 June 2014 

ブラジルで開催中の2014年ワールドカップは大会5日目に入っています。アメリカは今日、トーナメント試合の初戦でガーナと対戦します。一方、抗議がブラジルの大通り(中心地区)で続いています。この国の病院や学校がひどく財源不足のままなのにブラジルが概算110億ドルをワールドカップ主催で費やすことに多くのブラジル人が激怒を表明してきました。日曜、AP通信によって撮影されたヴィデオではリオデジャネイロのマラカナ・サッカースタジアム付近で警官が反ワールドカップの抗議者めがけて実弾一発と思われるものを発砲するのが確認できます。伝えられるところでは、警察はデモ参加者を分散させるのに、催涙ガス、ゴム弾、ノイズ爆弾も使ってきています。日曜、抗議者を取材する間、催涙ガスを浴びせられたスポーツライターのDave Zirinと話すため、私たちはリオに行きます。彼は新しい本、「Brazil’s Dance with the Devil: The World Cup, the Olympics and the Fight for Democracy.(ブラジルの悪魔を招くような危険なまね:ワールドカップ、オリンピック、民主主義のための戦い)」の著者です。

(中略)

ジルマ・ルセフ大統領:侮辱(無礼なふるまい)は私をこわがらせません。私はすくみません。子どもや家族に聴かせられない侮辱によって私自身を動揺させるわけにはいきません。
エイミー・グッドマン:ブラジル大統領、ジルマ・ルセフはかつて政治犯として投獄されました。彼女はこう言い続けました、彼女が言ったことを引用します、「人生において私はきわめて難しい事態に直面してきました。難局は私を肉体の限界まで追いやりました。その時、私が耐えなければならなかったのは、言葉による正当の理由のない攻撃ではなくて身体的攻撃でした」
昨年中ずっとワールドカップに反対する何百というデモ参加者がブラジル中で急発展してきています。アムネスティ・インターナショナルのような人権保護団体は、地元警察のデモ参加者に対する過剰防衛の行使を非難してきています。日曜、AP通信によって撮影されたヴィデオの中で、リオデジャネイロのマラカナ・サッカースタジアム付近の反ワールドカップ抗議者に向かって警官が実弾一発と思われるものを撃っているのが確認できます。伝えられるところでは警察はデモ参加者を分散させるために催涙ガス、ゴム弾、ノイズ爆弾も使っています。彼らが向き合う危険物にもかかわらず、ブラジル人は彼らの権利を求めて戦い続けると、抗議を組織する人たちは言いました。
(中略)
エイミー・グッドマン:さらに多くを求めて私たちはブラジルのリオに行きます、そこで雑誌ネーションのコラムニスト、スポーツラジオのエッジ、SiriusXの司会者、Dave Zirinが私たちに加わります。彼はリオで2014年ワールドカップをニュースとして報道しています。彼はマラカナ・スタジアムの外から私たちの番組に参加しています。
記事の続きは、メールマガジン「NewsFanzine」で配信します
のちほど、リンクのサイトでも読めるようにします

▽画像はグラフィティでの抗議

0 Comments:

Post a Comment

<< Home