見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

October 20, 2014

ウェールズの議会が革新的


◇ISISの新しい敵:恐ろしいほどのオランダの暴走族

ISISを止めるために集まる世界的な連合がいかがわしい場所で味方を見つけている、だが、ことによるとこれより起こりそうもない場所はないかこれ以上深く畏怖させる場所はない。”No Surrender(降伏お断り)”は無法者の正義を払いのける唯一の道は自分でやることだと決めているオランダの暴走族の名前。伝えられる(そしてツイートで見る)ところでは、クルド人の生存のための戦いに、わずかながら支援の力を提供するために、No Surrenderのメンバーがバイクに乗ってシリアとイラクの方へ。イラクで数人のメンバーが仮の店舗を開店させたことをNo SurrenderのボスKlaas OttoがオランダのTV局に正式に認めた。
どこかの暴走族とは違って、No Surrenderはかなり人種的に包括的でファシスト共感の傾向は少ないように思われる(彼らのフェイスブックのページは不正と戦うことの重要性についてホロコースト生存者Elie Wiesel からの引用を特別扱いする)、このことが、オランダ政府がこのようなものすべてについて非常に冷ややかである理由かもしれない。
「外国の軍隊に加わることは以前に罰すべきでした、現在、もはや禁じられていません」と検察官スポークスマン、Wim de Bruinが記者たちに話した。
どちらにしても、彼らがやっていることの合法性についてNo Surrenderはまったく気にかけないと私たちに話す・・・

http://www.relevantmagazine.com/slices/isis-new-enemy-terrifying-dutch-biker-gang#Hk4HQJm9QjF6oeTs.99

イスラエルのガザ攻撃を非難してウェールズのGwynedd議会が圧倒的多数でイスラエルとの通商停止の動議を可決!

◇ガザの”容赦ない攻撃”に対してウェールズの議会がイスラエルを通商禁止にする
Electronic Intifada 17 October 2014

ノースウェールズの地方議会がイスラエルとのすべての通商関係を封鎖することでガザ地区とのイスラエルの夏の戦争を非難することを先週可決したと地元ニュースが報じた。

ガザでのイスラエルによって使われる”過剰反応と容赦ない攻撃”を非難するとして、ニュース・ノースウェールズは動議を進めたオーウェン・ウイリアムズ議員のことばを引き合いに出す。

10月9日、議員たちは42対3、棄権6で動議を可決した。

別の地元ニュース源によると、票決が十分に象徴的であるように、Gwynedd議会はイスラエルとどのような通商もしない。

しかしながら、票決はイギリスあたりの他の議会にあとに続く先例を作ることができた。

イスラエルと貿易しないとのGwynedd議会の決定は親イスラエル・ロビーを激怒させた。ユダヤ人指導部会議の元リーダー、ジェレミー・ニューマークはツイッターで議会をののしった。

”パレスチナ国家の地位”(パレスチナ連帯キャンペーンによって強硬に支持される動き)の承認に議会を導く月曜の下院の討議の間、地元議員が議会の決定の承認を合図で知らせた。

Gwyneddは「ガザの最近の攻撃で使われる無差別の暴力を理由にイスラエル政府の非難を率先してイスラエルに投資しなければ取引もしない」とウェールズの党 Plaid CymruのHywel Williamsは言った。

草分けとなる(革新的)

パレスチナ連帯キャンペーンのSarah Colborneは、Gwyneddの決定は”草分け”となっていて、”歯止めとなるものがポスト・ガザ戦争を断ち切る”サインだったと今日、エレクトロニック・インティファーダに話した。

イスラエルをボイコットする地元パレスチナ連帯キャンペーンからの圧力に従って、イギリスあたりの他の地方議会は、Veoliaのような占領に関連づけられる会社に投資しないとの、より特定の目的を持つ決定をした。

しかし、Gwyneddの動きが理解力として示した最初だ。ツイッターを介してある地方のパレスチナ連帯キャンペーンの章には、他の地方議会が先例に従う時だとある。

ウェールズ語を話す地域

住民の76%がウェールズ語を話すGwynedd地方はウェールズの民族主義のハートランドだ。

Gwynedd議会の多数党はPlaid Cymru、無所属の民族主義者と左翼Plaid Cymruの元党員によって組織される型破りな地域運動、Llais Gwynedd(Gwyneddの声)がぴったりと続く(労働党と自民党はそれぞれ議会に4議席と2議席ある、しかるに保守党の議席はひとつもない)。

イスラエルをボイコットするためこの動議を提案したLlais Gwyneddのリーダー、オーウェン・ウイリアムズはウェールズの民族主義者だ、彼の派閥は発議される地方の学校閉鎖をめぐって2008年にPlaid Cymruと関係を断つ。

ウィリアムズはLlyn Celyn貯水池プロジェクトの爆破破壊工作で1960年代に投獄された。貯水池はイギリスのリバプール市に水を供給するため建設されたが、Capel Celyn村と他の幾つかの田舎の土地の水没を伴うことから、すさまじいウェールズの反対に直面した。

http://electronicintifada.net/blogs/asa-winstanley/welsh-council-embargoes-israel-over-gaza-savageness

0 Comments:

Post a Comment

<< Home