見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

October 02, 2014

HIV キンシャサで始まる


◇HIV世界的流行病は1920年代にキンシャサで始まったと科学者は言う
複数の輸送連絡道路で繁栄する都市と男性労働者の流入がHIV世界的流行の傾向にキンシャサを完ぺきな培養器にした

写真は病院に運ばれるHIV陽性のコンゴ人女性。1920年代以後、ウィルスは鉄道と河川を経由してキンシャサから急速に広がった。Photograph: EPA

http://www.theguardian.com/science/2014/oct/02/hiv-aids-pandemic-kinshasa-africa?utm_content=buffer7c3c9&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

◇ガザの報酬と虐待
いかにイスラエルロビーがそのメッセージに新形態をとらせるか
16 September 2014 by PHILIP GIRALDI 

大部分のアメリカ人を含め、全世界がそれを知るときに、ジェノサイドにほぼ等しいレベルの民族浄化と呼ばれる驚くべきものを最終的に認めるからといって、最終的にイスラエル政府がガザの一般市民の虐殺で極端に走ったと考える人たちは押し戻しが現れているのを認識しているはずだ。イスラエルや政府範囲はもちろん、アメリカのメディアと国際的メディアの強力な友人らは中東のなけなしの民主国で唯一忠実なアメリカの友人そして同盟国としてイスラエルの地位を回復するためにガザに関してのみならずニュースの顛末を精力的に書き直している。

偽情報を広めるためにメディアを活用するごく最近の猛攻撃はハマスのような組織がISISのようなグループとほとんど同じであるとはっきりと表示しようとしている。”アメリカのラビ”Shmuley Boteachによって運営される組織、This World:The Values Networkにより支払われるワシントンポスト紙とニューヨークタイムズ紙の両紙に掲載された9月2日の全面広告は、”人類にとって脅威となる”急進的イスラム世界が”その集団殺害の戦争で人を斬首して子どもたちを責め苦しめる”と主張した、おまけに”ゲイを憎み、女性に石を投げ、言論の自由を抑圧するイランではムッラー(イスラムの法・教義に深く通じる人に対する尊称)が世界中のアメリカ人やユダヤ人への残虐な攻撃に資金を提供し続けて、核ミサイルの全滅でイスラエルをおびやかす”と。

ラビのBoteachはまた、”血に飢えたハマスのテロリストが住宅や学校やモスクからイスラエル人に向けてロケット弾を発射する。ハマスはパレスチナ人の赤ちゃんを人間の盾として犠牲にする、そして決して終わらないユダヤ人との大量虐殺の戦いで恐るべきトンネルを作るためにパレスチナ人の子どもを強制労働者として使う”と読者に知らせる。
なんのために?国連は引き続き、”死の教団ハマスに対して自衛で行動するときに中東の唯一の民主主義の国を酷評する”ままでいる。解決は?”アメリカ人をカモにする国連との戦いに加わりなさい。イスラエルをひどく嫌う人たちとの戦いに加わりなさい・・・”
ラビBoteachによって言い返しが求められたとして、彼がよこしまなアラブ人についてする主張の多くはイスラエル外務省のプロパガンダ製造工場からまっすぐに出てくると人は言い返すかもしれない。また、アメリカ市民であると主張する人に対して、彼の同郷の人がともかくイランまたはパレスチナ人によっておびやかされることについて彼はどんな正当化する立場も陳述することができない。ベルトウェー(首都ワシントンを取り巻く一周約100キロの環状道路を指す)内の誰もが知っているように、イスラエルのチアリーダーをやる誰でもによってもぎ取ることのできる低いところにぶらさがる果物だということを除いて、彼は最近のイスラエルの戦争犯罪に対する米国議会の支持を挙げる。
さらに、Boteachの例の国への情念は実際にアメリカの利益かもしれないことについて判断力を失わせる。彼はまた、ありとあらゆる死と破壊のまっ最中にイスラエルが必ずしも潔癖な人であったわけではないこと、ガザへの無差別砲撃と爆撃が2000人以上を殺害し、その四分の一が子どもだったこと、人道に適ったイスラエル軍によって加えられるすべての物質的ダメージを修復するのにほぼ80億ドルかかること、この事実を無視することに決める。
それゆえ、あなたが政治家やメディアに従うならば、イスラエルのひとつの見方で不平責めにされる、だが、もしあなたが何が続いているかに実際に留意するならば、異なる結論に達するかもしれない。ラビBoteachは国連が”アメリカ人をカモにする”のを止めるよう支持者にせき立てる。実のところ、長い間、残りの私たちをカモにしてきたのはイスラエルとその友人だ、もしもアメリカが過去13年の大失敗から少しでも道義をわきまえた有利な立場を常に救うつもりなら、成り行きはきっと終わるに違いなかった。
http://www.unz.com/article/rewards-and-punishments-for-gaza/ 

0 Comments:

Post a Comment

<< Home