見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

November 13, 2014

パレスチナの壁


◇ベルリンの壁25周年を記念してパレスチナ人がヨルダン川西岸の防壁を突破する
RT 10 November 2014 
ベルリンの壁崩壊から25年目の記念日にパレスチナ人活動家グループがヨルダン川西岸のイスラエル分離壁に穴をあけた。

ベルリンの壁崩壊を祝い、彼らの窮状に注意を引くための表象的意思表示として、日曜エルサレム北西周辺の村の抵抗運動と関連する小さな活動家グループがパレスチナ人には”アパルトヘイト(人種隔離)壁”として知られる防壁をたたき砕いた。 
「壁がたとえどんなに高く建設されても、壁は崩壊する。ベルリンの壁が崩壊したように、占領といっしょにパレスチナの壁は崩壊する」と土曜日、活動家は声明で述べた。 
2002年にイスラエルはエルサレムとラマッラーのあいだに位置しているヨルダン川西岸のBir Nabala村を分離する拡大主義の防壁の建設を開始した。壁は非常に重要な防衛の目的にかなうとイスラエルは主張して、その有効度の証として壁建設以降の攻撃の低下を指摘する。 
占領地域における人権のためのイスラエル情報センター(B’Teselem)は、パレスチナ人民にとって壁は受難の源と激しく非難する。「壁は社会的つながりを切断して、村を農地から市民を生計から切り離す」と組織は述べた。 
彼らの狙いは、1967年のイスラエルの東エルサレム併合が違法だったこと、そしてイスラム教の三番目の聖地でユダヤ教の二番目の寺院のアルアクサモスクに達しようとするのを何物も止めないことを強調することだと、パレスチナのTVによって撮影された一続きの場面で抗議者たちは言った。 
ちょうど今週金曜日、イスラエルが35歳以下の男性が聖なる囲い地に入るのを禁ずる新たな規制を履行した、それはイスラエル軍が囲い地を襲撃したとの申し立てから由来する最近の衝突の結果として起こる。 
緊張がエスカレートするまっ最中に、”パレスチナを解放する決定的な運命をはらんだインティファーダ”だと言って活動家らは仲間のパレスチナ人に”エルサレムのインティファーダ”に参加する用意をするよう求めた。 
「分離壁は現代のアパルトヘイトのよい例となる。入植地拡大と防壁の建設に抗してそれが取り除かれるまで私たちの活動を続ける」と顔を隠した活動家はAndalou通信社に話した。 
http://rt.com/news/203711-palestine-activists-break-barrier/ 

0 Comments:

Post a Comment

<< Home