見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

December 21, 2014

無人機急襲はムダ


◇無人機攻撃はムダだとCIAが認めたことをWikileaksが明らかにする
18 December 2014

極秘のCIA報告によると、タリバンは無人機によって殺害される司令官の置き換えに力を入れていなかった。

木曜、Wikileaksによって公表されたリークされるCIA文書によると、論争の的となるアメリカの無人機急襲はアフガニスタンのタリバンを妨げるというよりはむしろ助けているかもしれない。

CIA文書は情報機関の”価値大の標的(ハイバリューターゲット:HVT)”暗殺プログラムの2009年内部再検討と思われる。

HVTプログラムは、たいてい無人機急襲によって標的となる暗殺の特定反対分子を選んだ。

2009年の報告の非公開の公布にもかかわらず、無人機急襲は増加した。

今から10年以上前に侵略して以降、アメリカ軍はアフガニスタンのあちこちに1000回以上の無人機急襲を行ったことを独立した評価が示す。人権保護団体は何百人もの一般市民が無人機によって殺されるか負傷して手足を損なってきており、急襲は現場で広く嫌われると言う。

「反政府支持のレベルを高めることを含め、ハイレベル標的オペレーションのありうるネガティブ効果は、武装グループの住民とのきずなを強化すること、反政府グループの残りの指導者を急進的にすること、もっと急進的なグループが参加できる中に孤立状態を創り出すこと、そして反乱分子に味方するとして衝突をエスカレートする、または段階的に縮小すること」と報告は申し立てた。

目標に向けられる暗殺は反乱グループを弱体化できるが、”広がりのある対ゲリラ戦略”によってバックアップされるときだけであると報告は示した。

報告作成者らはCIAの目標に向けられる暗殺プログラムの失敗を2つの主因、効果的な広がりのある対ゲリラ活動の取り組みの欠如とタリバンの抵抗の組織的構造のせいにした。

「アフガン政府の汚職とまとまりのなさ、アフガンとNATO治安部隊の不十分な兵力、そして国の蔓延した無法状態がこれら対ゲリラ活動部隊の実兵力を妨げた」と報告は申し立てた。

今月はじめに、辞任するアフガニスタンのNATO司令官がアフガン治安部隊は”無能”であり、タリバンの手に掛かって急上昇する人的損害に直面すると警告した。

コメントはNATO軍が出国するときに出てきた。

CIA報告はまた、「タリバンの軍組織はトップダウンの命令系統に同意によって決定する平等主義のアフガン部族組織を融合する、そしてもっと組織をHVT作戦によく耐えられるようにする」と説明した。

暗殺計画はまたその分散する命令系統のためにアルカイダに限られた影響力を与えた。しかしながら、その活動は、オサマ・ビンラディンが生きていた間、オサマがアルカイダの作戦を監督するのを難しくさせたとCIAは主張した。

報告が非公開で作られて5カ月後、バラク・オバマ大統領はアフガニスタンの部隊の人員を3万人まで増大させた。

徹底調査追求ジャーナリズム局(Bureau of Investigative Journalism:BIJ)によると、その翌年、無人機急襲の犠牲者は751人に急騰した。

比較して、BIJは2009年にはその国で471人が無人機急襲によって殺害されたと判断した。
アフガン軍はタリバンの反乱行為を制御しているとホワイトハウスが公然と主張するにもかかわらず、今年はじめにオバマは再びアメリカ軍の活動の拡大をおとなしく承認した。この動きには空爆を増大させる決定が含まれた。

現在、アフガニスタンの領土の広大な土地は、相変わらずタリバンによって争われているか、またはほとんど完全に組織の支配下にあるかである。

http://www.telesurtv.net/english/news/Wikileaks-Reveals-CIA-Admitted-Drone-Strikes-Ineffective--20141218-0043.html

△ハイバリュー・ターゲット(HVT)暗殺計画に関するCIA再検討
12月18日、WikiLeaksがCIAによる再検討を公表

報告は暗殺計画における反乱分子の幹部殺害について賛否両論をはかりにかける。報告が作られたあと、アメリカ無人機急襲の殺害は最高記録まで増大した。
報告は、タリバン、アルカイダ、FARC、ヒズボラ、PLO、ハマス、ペルーのセンデロ・ルミノソ(Shining Path)、タミールの虎、IRA、アルジェリアのFLNに対する、様々な国家による暗殺計画を吟味する。事例研究はチェチェン、リビア、パキスタン、タイから引き出される。

https://wikileaks.org/cia-hvt-counterinsurgency/

0 Comments:

Post a Comment

<< Home