見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

January 19, 2015

射撃練習に実在の黒人写真


◇射撃練習に黒人男性の顔写真が使われた後にフロリダ警察がしつこく防戦

女性は弾丸の穴を浴びせられる15歳の弟の写真を発見する。
ガーディアン紙 16 January 2015

先月、銃弾で穴だらけであった若い男性6人の写真を広げたボードが訓練実習後に発見された後、ノース・マイアミビーチ警察は射撃練習に黒人男性の顔写真を使うことで防戦を余儀なくされた。

写真は、隊員が実習していたあとにメドレー小火器訓練センターに到着したサウスフロリダ在住の州兵13軍団の隊員Valerie Deant軍曹によって発見された。15年前に撮られた彼女の弟の顔写真が射撃の的にされた顔写真の一枚だったのに気がついてひどいショックを受けたとDeantは地元メディアに述べた。

「私は、どうして私の弟が射撃練習に使われているの?ってわけ」

このニュースを最初に報じたNBCサウスフロリダにDeantは話した、「そこで射撃があったかのようだった。そして私は2度泣いた。」

ドラッグレースでノース・マイアミビーチ警察に逮捕されたとき18歳だったDeantの弟のウッディは今は結婚して子どもがいる。捜し出された命中ボードの彼の写真には2発銃弾の穴が見える。

「まさかと思うだろうが本当に写真に銃弾の穴があるってわけ」と彼は言った。「額に1発と目に1発… 唖然としたね。」

「今やボクが標的として使われている?ボクがどういう人物か彼らが描いた通りの暮らしをボクは送ってさえいない。ボクは父親だ。ボクは夫だ。キャリアマンだ。9時から5時まで働く。」

ノース・マイアミビーチ警察はガーディアン紙からの問いにただちに返答しなかったが、スポークスマンはハフィントンポスト紙に、警察は射撃訓練に白人男性だけを特別に登場させるものやヒスパニックの男性だけを示すもの、他に女性だけを特別に登場させるものを含め、さまざまな顔写真を使うと述べた。

彼らの管区で逮捕されていたDeantの顔写真の使用は不十分な判断だったとはいえ、警察の方針は破られていないし差別的ではなかったとノース・マイアミビーチ警察の署長 J Scott DennisはNBCサウスフロリダに述べた。

「これに巻き込まれた個人から責めの出現はない」とDennis警察署長は言った。実在の顔写真の使用は練習の重要な部分だと彼は主張した。

NBCは、地元の5つの警察に加えて連邦や州のいくらかの法執行機関を精査した、そのすべてが、発砲練習で実在の顔写真を使わないと言った。

2013年、17歳のトレイボーン・マーティンの”射撃練習”写真を配布後にフロリダのポート・カナヴェラル市警の巡査部長が首になった。この丸腰の十代の男の子は2012年に近所の警備隊調整人ジョージ・ジンマーマンによって射殺された。

http://www.alternet.org/news-amp-politics/florida-police-defense-after-black-mens-mugshots-used-target-practice

0 Comments:

Post a Comment

<< Home