見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

January 11, 2015

Fun Fact ふざけた事実

◇Non seulement plein de gens vont découvrir Charlie-Hebdo, mais il apprennent en + l'existence de L'Huma !
風刺漫画紙シャルリエブドをまったく読んだこともなく「Je suis Charlie:わたしはシャルリ」と言っていた人たちが、シャルリエブドのマンガを見て、「なんて下品」「とんでもない」「げー、こんなんだったの?」「汚い」と、口々にいっている様子。
◇ふざけた事実(Fun Fact):
エジプトの外相がパリで言論の自由を奨励する間、16人のジャーナリストが刑務所にいる。
#NousSommesHypocrites
◇BBCラジオより
フランス人のイスラム教徒:「わたしはシャルリではありません、シャルリは人種差別主義者です」
3日間のひどいテロ攻撃の間に17人が殺害されたあと、大群衆と約40名の世界の指導者がパリで一致団結の行進をすると思われる。諷刺雑誌シャルリエブド(Charlie Hebdo)のオフィスで12人のジャーナリストが殺害されたあと、”Je suis Charlie(わたしはシャルリ)”が集会の標語になった。
パリのイスラム教徒の女性Arahが5 live Breakfastと話をした、「私はデモ行進に参加します。でも、私はシャルリではないし、決してシャルリにはなりません。なぜなら、あれはレイシストの新聞社だからです」と彼女は言った。
このクリップはもともと2015年1月11日(日曜)の番組Breakfastからのものである。
 http://bbc.in/1xRtLEX

◇ハフィントンポスト紙より
シャルリエブド紙はこれまで、数は少ないものの、日本についての記事も掲載している。そして、その多くは「捕鯨」や「イルカ漁」に関する記事だ。
動物保護のカテゴリを持つ同誌は2010年1月26日、血まみれになったクジラの頭部の写真をつけて、シー・シェパード・フランス支部長による記事を掲載。6日に南極海にて日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」にシー・シェパードの抗議船が衝突し、沈没する事件を紹介した。
このときシャルリは、クジラと環境活動家をクジラを射る“もり”で串刺しにする風刺画を載せた。

クジラと環境活動家の串料理(シャルリーエブド ホームページより)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/09/charlieh-ebdo-wrote-about-japan_n_6441268.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001




0 Comments:

Post a Comment

<< Home